都内でパリ気分が味わえる!駒沢大学に『ル パティシエ タカギ 本店』がオープン

2019年11月22日(金)、ヨーロッパの伝統的なサロン空間とスイーツ、グルメを楽しめるカフェサロン『ル パティシエ タカギ 本店』が、東京・駒沢公園西口入口にグランドオープン。都内でパリ気分が味わえるヨーロッパ伝統のモチーフがちりばめられた店内には、手土産にぴったりの焼き菓子やショコラに加え、ビーフシチューやクロックムッシュなどが揃っています。

“パリ気分”を存分に味わえる『ル パティシエ タカギ 本店』が駒沢大学に誕生

Retina main
本場ヨーロッパのサロン空間で、都内にいながら”パリ気分”を存分に味わえる『ル パティシエ タカギ 本店』が、2019年11月22日(金)に東京・駒沢公園西口入口にグランドオープン。
日本のパティスリー界を先導してきた髙木康政氏がオーナーシェフを務める『ル パティシエ タカギ』では、”ヨーロッパの伝統的な味わい”をテーマに、洗練された洋生菓子や焼き菓子、ショコラを提供しています。
Retina sub1
この本店では、髙木シェフの原点である「マドレーヌ」の本物の型を天井に埋め込むことで、驚きやわくわく感もお届け。
Retina sub2
また、オープンに合わせパリやウィーンで直接買い付けた約50点の絵画の展示や、パリのマドレーヌ寺院やオペラ座、お菓子作りには欠かせない道具が描かれたオリジナル壁紙によって、まるでヨーロッパの宮殿のような特別な空間が演出されています。
Retina sub3
14席のサロンが併設され、天井のマドレーヌ型や壁に飾られたパリで買い付けた絵画など、本場ヨーロッパのサロン空間を味わえるこだわり装飾は必見です。
Retina sub4
『ル パティシエ タカギ 本店』は、奇をてらわず、誰もが親しみのある素材を使ったレシピを徹底することで、洋菓子文化の”原点”を守る方針を持ち、見た目の華やかさだけではなく、ソースやクリーム、生地がひとつになった瞬間に、それぞれの味以上の表現になることを大切にした髙木シェフの自信作のスイーツが、イートインでもテイクアウトでも味わうことが可能に。

なお、サロンでは、キッシュやクロックムッシュの他にもビーフシチューやサラダも登場し、ウィーンで出会って一目惚れした1881年創業のドイツの「Bauscher Weiden(バウシャーバイデン)」の食器で提供してくれます。

髙木シェフの新作スイーツや焼き菓子など、おすすめのラインナップをご紹介

Retina sub5
「トゥール ポワール ショコラキャラメル」(1,800円/税抜)
「トゥール ポワール ショコラキャラメル」は、秋冬にぴったりな洋梨とショコラのデセール。
洋梨は焼くことで素材の香りを引き出し、さらにショコラとキャラメルの風味を加え、深みが表現された一品です。
Retina sub6
「トリコロールパフェ」(1,800円/税抜)
「トリコロールパフェ」は、ピスタチオ、ショコラ、フランボワーズの3色のなめらかなクリームの中に、ヴァニラ、ショコラ、フランボワーズのアイスを忍ばせ、生クリームと季節のフルーツで飾った欲張りなパフェ。
Retina sub7
「マドレーヌ」
『ル パティシエ タカギ』の原点でもある「マドレーヌ」も登場。
プレーン、メープル、ショコラの定番の3種類に加えて、焼きたてマドレーヌやギフトにおすすめの一口大のミニマドレーヌ「ミニョン マドレーヌ ギフト」もスタートします。
Retina sub8
「プティガトー」
「プティガトー」は、オープン以来不動の人気商品「アルパジョン」をはじめ、「エリゼ」や「コートダジュール」、さらに新作ガトーも多数ラインナップ。

店舗情報

Retina main
オープン日:2019年11月22日(金)
住所:東京都世田谷区駒沢公園1-1 Tote駒沢公園
電話番号:03-6453-2858
営業時間:ブティック 9:00~20:00/サロン 10:00~19:30(L.O.19:00)
定休日:水曜日
アクセス:東急田園都市線「駒沢大学駅」より徒歩10分/東急バス「駒沢公園西口停留所」より徒歩3分
INSTAGRAM:https://www.instagram.com/le_patissier_takagi/

Ranking

【お得なクーポン付き】「うに」まで食べ放題!お寿司としゃぶしゃぶ『ゆず庵』で贅沢なひと時を

【レポ】韓国発のセレクトショップ『エーランド』が渋谷に日本初上陸

約70店舗の北海道絶品グルメが登場!池袋サンシャインで「北海道まるごとフェア」が開催

東京・芝公園で日本最大級クリスマスイベント『クリスマスガーデン』の開催が決定

京都にパティシエが創るクロワッサンとサンドイッチ専門店『New Bird』がオープン