国内先行発売!『ヤマハ』から完全ワイヤレスイヤホンが新登場

『ヤマハ』のユーザーのライフスタイルに寄り添う『Empower Lifestyleシリーズ』から、音量に応じて音のバランスを最適化する「リスニングケア」搭載モデルが新登場。完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「TW-E7A」「TW-E5A」「TW-E3A」および、Bluetoothイヤホン「EP-E50A」「EP-E30A」の計5モデルが、海外に先駆け日本国内で発売されます。

音量に応じて音のバランスを最適化する「リスニングケア」搭載モデルが新登場

Retina main
完全ワイヤレスBluetoothイヤホン 「TW-E7A」
『ヤマハ』ユーザーのライフスタイルに寄り添う「Empower Lifestyleシリーズ」から、完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「TW-E7A」「TW-E5A」「TW-E3A』および、Bluetoothイヤホン「EP-E50A」「EP-E30A」の計5モデルが新たに登場。
海外に先駆け日本国内で発売が開始され、“ココロと、カラダに、とどく音”をテーマに音質やスタイルにこだわりを持つ人をメインターゲットとし、2019年12月より順次市場に導入されます。
Retina sub1
「EP-E50A」
今回発売される新モデルは、『ヤマハ』ならではの「音・音楽のリアリティー表現」により、音量に応じて音のバランスを最適化して、耳への負担も抑えるヤマハの独自技術「リスニングケア」や、音楽に没入できる高精度ノイズキャンセリング機能を搭載。

また、楽器をモチーフにした、美しく洗練されたデザインで、音・音楽の躍動感・ダイナミクスを表現する低域再生、ニュアンスと質感を正確に伝える音で、感動の音楽体験が可能になりました。

感動の音楽体験ができる、新モデルの主な特長をご紹介

Retina sub2
音量に応じて音のバランスを最適化して、耳への負担も抑える独自技術「リスニングケア」機能を全モデルに搭載。
人間の耳は音量によって聴こえ方が異なり、特に小さなボリュームの時ほど低域と高域が聴きづらくなるため、様々な環境音によってもコンテンツの音が聴き取りにくくなってしまい、ついつい音量を上げ、知らず知らずのうちに周囲に音が漏れるほどの大音量になっていることも珍しくありません。

この「リスニングケア」は、そういった音の聴こえ方の違いに着目し、音量毎に最適なバランスになるように補正することで、音量アップによる耳への負担を抑え、自然で聴きやすい音を再現してくれます。
Retina sub7
そして、音楽に没入できる高精度「アクティブノイズキャンセリング」機能として、「TW-E7A」と「EP-E50A」には、米国Qualcomm®社のオーディオSoC(System-on-a-Chip)「QCC5124」を採用した「アクティブノイズキャンセリング」を搭載。
移動中の電車やバスの走行音などの外部の騒音を低減し、よりコンテンツに没入しやすくしてくれます。
Retina sub6
さらに、「TW-E7A」「TW-E5A」「EP-E50A」には、イヤホンにマイクを内蔵し、外の音を取り込みながら音楽が楽しめる「アンビエントサウンド」機能を搭載。
音楽を聴きながらのお出かけや家事や仕事をする際に、同時に周囲の音も聞きながら楽しむことができます。

本体は、『ヤマハ』の楽器をモチーフにした曲線的な美しいデザインを採用し、長い間使い続けても飽きのこない、シンプルかつ質感高いデザインに。
イヤホン部の流線形のフォルムは、耳に優しくしっかりとフィットすることで高音質かつ快適なリスニングを提供してくれ、「TW-E7A」「TW-E5A」「TW-E3A」は耳の形に合わせてサイズが選べるイヤーフィン付きシリコンスリーブも用意されているので、装着性をアップすることで音・音楽がより聴きやすくなるほか、耳からイヤホンを落ちにくくしてくれます。
Retina sub4
音は、こだわりのチューニングにより、どの音量で聴いても音の情報量をしっかり保ちながら、ボーカルや楽器などの1音1音がクリアに聴こえるようにしたうえ、開放的に鳴らすことで、音・音楽の躍動感を表現。
さらに、「TW-E7A」「TW-E5A」「EP-E50A」では、躍動感の表現に加え、締まりのある低域再生や、1音1音の密度感を高めることでアーティストや制作者の意図や想いをありのままに表現してくれます。

そして、「TW-E7A」「TW-E5A」「TW-E3A」は、接続安定性に優れた左右独立通信テクノロジー 「Qualcomm TrueWireless™ Stereo Plus」に対応。
スマートフォンなどのコンテンツ送信側が、左右のイヤホンに直接音声データを伝送するこの方式は、従来の完全ワイヤレスイヤホンに比べ音切れしにくく、快適かつ長時間のリスニングを可能にします。※コンテンツの送信側がTrueWireless Stereo Plusに対応している必要あり。
Retina sub3
「TW-E7A」の充電ケースは、ワイヤレス充電Qi(チー)に対応。
市販のワイヤレス充電器(Qi規格)を使えば、本体を充電ケースに入れて置いておくだけで手軽に充電することができます。

さまざまな設定、操作がおこなえる専用アプリ「Headphones Controller」

Retina sub5
全モデルは、さまざまな設定、操作がおこなえる専用アプリ「Headphones Controller」に対応。
「リスニングケア」のオン/オフや、オートパワーオフの設定、バッテリー残量の確認などをスマートフォンの画面を見ながら手軽におこなうことができ、ボイスアシスタント(Siri®/Google Assistant)にも対応しているので、音楽を聴く際の基本操作などを、音声で操作することが可能。

また、「TW-E7A」「TW-E5A」「TW-E3A」は、JIS防水保護等級IPX5相当の生活防水に対応しているので、突然の雨や汗、水しぶき等からイヤホンを守り、快適に使用することができます。

製品情報

ヤマハ 完全ワイヤレス/ノイズキャンセリングBluetoothイヤホン 「TW-E7A」
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/headphones/tw-e7a/index.html
ヤマハ 完全ワイヤレスBluetoothイヤホン 「TW-E5A」
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/headphones/tw-e5a/index.html
ヤマハ 完全ワイヤレスBluetoothイヤホン 「TW-E3A」
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/headphones/tw-e3a/index.html
ヤマハ ノイズキャンセリングBluetoothイヤホン 「EP-E50A」
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/headphones/ep-e50a/index.html
ヤマハ Bluetoothイヤホン 「EP-E30A」
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/headphones/ep-e30a/index.html

Schedule

11月29日(金) 〜 12月10日(火)

【期間限定】名古屋のおはぎ専門店『OHAGI3』が東京・上野に登場

11月15日(金) 〜 12月25日(水)

【11/15~】『RINGO』から「焼きたてカスタードキャラメルアップルパイ」が登場

11月2日(土) 〜 12月25日(水)

【11/2〜】『横浜ベイクォーター』で「クリスマスライトガーデン」が開始

11月14日(木) 〜 1月13日(月)

世界最高のショー&ツリーが進化!『ユニバーサル・クリスタル・クリスマス』が開催

12月20日(金) 〜 2月20日(木)

【軽井沢】森の中のスケートリンクが12月20日オープン『ケラ池スケートリンク』

Ranking

これまでのまつげの常識を覆す新感覚つけまつげ「イージーラッシュ」が発売

【必見】渋谷スクランブルスクエアでしか買えないお土産12選〜スイーツ編〜

池袋西口公園にデジタルアート連動の野外劇場『グローバルリング』が誕生

過去最高のラインナップ!今年も『コスメキッチン』に新春福袋が登場

【2019年】今年話題になった日本初上陸グルメまとめ(※随時更新中)