【レポ】壁に取り付けるだけで心拍数や睡眠リズムをモニタリング!新見守りデバイス誕生

更新日:2023/08/04 13:39
自動運転にも応用される最先端のレーダー技術を用いて、非接触でありながら睡眠習慣や心拍数をモニタリングできる、新しい見守りデバイス「POM」が誕生しました。今回は「POM」の新商品発表会にお邪魔し、どのように使用されるのかを実際に見てきました。

今までになかった新しい見守りデバイス「POM」が誕生

Retina img 1855 2
2023年8月7日(月)〜9月30日(土)まで、『Makuake』にて初の国内販売が開始される、自動運転にも応用される最先端のレーダー技術を用いて、睡眠習慣や心拍数を測定する非接触デバイス「POM(ポム)」。

映像で監視するカメラなどとは異なり、高齢者の“今までの生活”を変えることなく高齢者自身やその家族に安心を提供する、今までにない新しい見守りデバイスです。
Retina main
現在、日本では少子高齢化が進んでおり、2025年には介護職員が30万人不足すると予想されています。

そういった中でも、高齢者の約7割が高齢期を自宅で過ごしたいと考えており、実際に自宅で一人暮らしをしている高齢者が増えているのだとか。

そのような背景から生まれたのが、今回発表された見守りデバイス「POM」。

見守りデバイス史上初!ミリ派レーダーを使用

Retina img 1851
「POM」の大きな3つの特徴の一つ目は、最先端のミリ波レーダーとAIの技術で、非接触なのに心拍数や睡眠時間を測ることができるということ。

“ミリ波レーダー“というのは、自動運転やドローン産業でも使われるようになっている、対象物の位置、動きの速度や方向を高精度に感知できる技術。

「POM」は、家庭用の高齢者見守りサービスにおいて、日本で初めて(※)ミリ波レーダーが応用された製品となっています。
※:2023年7月時点、Tellus You Care調べ 
写真のように、「POM」を見守る相手の寝室の壁に設置することで、その場にいる人の心睡眠習慣や心拍数、呼吸数などを高精度に計測してくれるのです。

専用アプリで日々のデータ蓄積によるトレンドの変化を確認

Retina sub14
Retina sub15
特徴二つ目は、日々のデータ蓄積によるトレンドの変化を、専用アプリからお知らせしてくれるということ。

「POM」は、子や孫世代のユーザーが、離れた場所で一人暮らしをする高齢のご家族を見守る目的で設計・開発されているため、専用アプリを通して家族が“今までの生活”と変わりなく過ごしているかを知ることができるのです。

カメラでの監視は不要。大切な人の生活を見守れる安心感

Retina img 1856
見守りデバイスと聞くと、カメラでの監視が必至と思われがちですよね。
しかし、「POM」はレーダーとAI技術で察知しているため、カメラで監視することなく、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスを身に着けてもらうこともなく、健康や睡眠習慣を知ることができます。

見守られている本人も必要以上にプライベートを探られることなく、ストレスなく安心して見守られることができるのは嬉しいポイントですよね。

数量限定で52%オフに!『Makuake』で先行販売を開始

「POM」は2023年8月7日(月)~9月30日(土)の期間で、『Makuake』にて先行販売されます。
最もお得なラインナップは、定価の52%オフで購入できるとのことなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

製品概要

非接触型・高齢者見守りデバイス「POM」
定価:39,800円(税込)
専用アプリ:月額1,980円(税込)
サイズ:96mm×96mm×42mm
重量:200g
開発:Tellus You Care, Inc.
販売:ソースネクスト株式会社
ご注意:
・本体端末のご利用にはWi-Fi環境が必要です。
・本体端末の設置場所は一人暮らしの方の寝室に限ります。

美食は人生を最大に謳歌する三大要素のひとつと信じるミーハー女。
日頃の日課といえば、トレンド情報の収集。

Ranking

【レポ】TWICEのモモがおすすめの美容法を公開!『ウォンジョンヨ』新商品発表会に登場

カップル応募限定!ニュージーランドへの往復航空券が当たるキャンペーンが開催中

母の日のギフト選びに大活躍!食べチョクが食材のギフトを探せる「母の日特集」を公開

【速レポ】10日間限定!『ガーナ』×『エーワークス』のコラボストアが表参道にオープン

広瀬すずがバスケ部のコーチ役に挑戦!「マネードクター」新CMが放映開始