キックボクシング界の先駆け!フィットネスジム『バンゲ』がブランド名とロゴの変更を発表

更新日:2022/09/29 11:19
キックボクシングを取り入れたフィットネスジムを展開するバンゲリングベイは、ジムのブランド名を『バンゲリングベイ』から『バンゲ』に変更しました。また、ブランド名に合わせ、ロゴや公式サイトもリニューアル!

『バンゲリングベイ』が『バンゲ』にブランド名を変更

Retina main
キックボクシングを取り入れた独自のパーソナルトレーニングを提供し"キックボクシングフィットネス”の定着と成長を牽引してきたフィットネスジム『バンゲリングベイ』。

今回、現在展開している恵比寿/駒沢エリアのみならず、海外も含めたより多くの人に『バンゲ』を体験してもらい、ウェルビーイングな社会を作り上げていく一助になることを目的として、2008年に誕生以来初めて、『バンゲリングベイ』というブランド名から、長年愛称として親しまれてきた『バンゲ』へブランド名及びロゴを変更したことを発表しました。
Retina sub1
ロゴは格闘技ではなく、老若男女に親しまれるフィットネスブランドであることを大切に制作。

強くなるためではなく、キックボクシングを軸に世界中に輝く人たちを生み出していきたいという想いが込められているのだそう。

今後『バンゲ』は、店舗という箱に捉われることなく、様々な形で広く展開していく予定とのこと。

キックボクシングフィットネスジム『バンゲ』

2008年にオープンした、キックボクシングを取り入れた独自のパーソナルトレーニングを提供するフィットネスジム『バンゲ』。

キックボクシングのフィットネスとしての可能性に着目し、10年以上にわたり日本における"キックボクシングフィットネス”を牽引しています。

身体を引き締めることや、肥満を解消するためだけの方法だけでなく、全身の動きと五感を養うことで、その人本来の身体感覚を引き出すことを目指し、人生の輝きをプロデュースするブランドとして様々な活動を展開しています。

Ranking

2月22日は頭痛の日!『大塚製薬』から頭痛啓発動画が公開

『ジーユー』が東京と兵庫の児童養護施設にて初の古着寄付イベントを開催

【レポ】日本人も大絶賛!仏の若き天才ショコラティエ『イヴァン・シュヴァリエ』

『アマムダコタン』を手掛ける平子氏監修!東京駅構内にそば粉クレープ専門店 『ソバープ』誕生

8日間限定!銀座三越でスキンケアブランド『エンビロン』のポップアップイベントを開催