【レポ】“冷凍庫渋滞”を解消!いま売れてる『ハイアール』の冷凍冷蔵庫を使ってみた

更新日:2022/03/14 14:45
「おうち時間」の増加で冷凍食品の需要も高まっている中、冷凍室の容量が足りないとお悩みの家庭も多いのではないでしょうか?そこで今回、『ハイアール』から販売されている「セレクトゾーン」を完備した冷凍冷蔵庫を使ってみました!この一台があれば冷凍庫渋滞を解消できるかも⁈ぜひ参考にしてみてください。

『ハイアール』の「262L冷凍冷蔵庫」を使ってみた

Retina aretto01
共働き世帯やコロナ禍による「おうち時間」の増加に伴い、手軽で便利な冷凍食品の需要が高まっている現代。冷凍室の容量が足りないという家庭では、いま新たに冷凍庫を一台購入する「セカンド冷凍庫」の導入が増加しています。

この「セカンド冷凍庫」の生みの親である白物家電ブランド『Haier(ハイアール)』では、冷凍庫の容量が足りないという家庭に提案している解決策として、セカンド冷凍庫の他に、売れ行き好調の“冷蔵庫”シリーズがあります。

今回は、いま人気の『ハイアール』の冷蔵庫「3in2シリーズ」より、ひとり暮らしからふたり暮らしまで多くのユーザーに利用されている容量の「262L冷凍冷蔵庫(JR-NF262A)」を実際に使ってみたので、ARETTO読者の皆様の参考になればと思います。

冷蔵室にも冷凍室にもなる「セレクトゾーン」を完備

Retina aretto02
1K25平米の自宅にぴったりと収まったハイアール「262L冷凍冷蔵庫(JR-NF262A)」
まずは、今回ハイアールさんからご提供いただいた「262L冷凍冷蔵庫(JR-NF262A)」のスペックについてご紹介。

スタイリッシュで高見えするシンプルなシルバーカラーのデザインが特長の一台は、【幅598mm、高さ1525mm、奥行681mm】となっており、私が住む25平米の1Kにもぴったり収まりました。
容量は、冷蔵室135L、冷凍室93L、そして“セレクトゾーン34L”となっています。

この聞き馴染みのない「セレクトゾーン」こそが、ハイアール「262L冷凍冷蔵庫(JR-NF262A)」最大の特徴である、“変温室”。
Retina aretto03
「セレクトゾーン」は野菜室の下に。どう使おうか悩みますね。
「セレクトゾーン」は、-20℃~5℃まで1℃単位で温度調節が可能となっており、「冷凍(-18℃)」、「ソフト冷凍(-8℃)」、「パーシャル(-3℃近辺)」、「チルド(0℃近辺)」、「野菜・冷蔵(2℃~5℃)」と、5段階に変化することが可能です。

「冷凍」(-18℃)に設定すれば、元々の93Lの冷凍室に「セレクトゾーン」が加わることで、実に127Lの大容量冷凍室に早変わり。

一般的な冷凍冷蔵庫における冷凍室が占める割合が20〜30%程度であるのに対し、本商品は最大約48%と半分近くを冷凍室として使用することができるのです。

その容量はなんと、一般的な買い物カゴ(容量約33L)3.8個分!
これなら、ひとり暮らしはもちろん共働きで作り置きや冷凍食品の利用が多い家庭でも、冷凍室がパンパンで困ることはなくなりそうです。

長期保存の役割だけでなく、解凍する手間も省ける“時短”の役割も

Retina aretto04
自宅に届いてから2週間、いろいろと「セレクトゾーン」を試してみましたが、この機能、ただ冷凍室の容量を拡張するだけのものではありませんでした。
Retina aretto05
特に、食材をやわらかい状態で冷凍することができる「ソフト冷凍」は、冷凍したはずの肉や魚を簡単に切る・はがすことができ、なんと作り置きのソースやシチューなども容器のまま冷凍、必要な分だけ取り出すことができるのです。

冷凍の本来の目的である長期保存の役割を果たしながら、解凍する手間も省ける“時短機能”として料理も捗ります。
Retina aretto06
※食材保存温度は目安です。保存期間は食品の種類や鮮度により差があります。
このように「セレクトゾーン」は、幅広い温度調節機能により、さまざまな食材を目的に合わせて保存することができるので、使う人によってその色を変えるパーソナル冷蔵庫とも言えそうです。

ひとり暮らしの方は食材を買っても使いきれずに腐らせてしまったり、一度にまとめて作って保存しておきたいという場面がありますよね。ふたり暮らしも、ライフスタイルや生活サイクルは千差万別。

自分たちに合った冷蔵庫の使い方を見つけられるかもしれません。

また『ハイアール』では、料理研究家/フードコーディネーターとして活躍する河瀬璃菜さん監修のもと、毎日の調理シーンをアップデートし、より豊かな生活をサポートする「セレクトゾーン活用術」として、5つの温度帯を活用するための早見表も公開されていますよ。

「高さ調節可能トレイ」や「すっきりポケット」できれいに収納が可能

Retina aretto07
『ハイアール』の冷蔵庫は、デザインと新機能だけではありません。

冷蔵庫の棚の高さが足りず食品を横向きに収納することが無いよう、「262L冷凍冷蔵庫(JR-NF262A)」には、「高さ調節可能トレイ」が搭載されています。

また、2Lペットボトルが5本入るドア内側の大容量「すっきりポケット」など、そのほか充実した機能もついており、さまざまなライフスタイルのご家庭それぞれの暮らしにフィットする商品となっているのです。

おわりに

コロナ禍によって生活リズムや暮らし自体が大きく変化したなか、ちょうど新しい冷蔵庫を探していて気になった『ハイアール』の「262L冷凍冷蔵庫(JR-NF262A)」。こんなにたくさんの機能がついて価格は6万円前後(※)とひとり暮らしでも手が出しやすい点も魅力的ですね。冷凍庫がパンパンでお悩みの方も、そうでない方も、冷蔵庫の購入を考えている方にはぜひおすすめしたい一台です。

商品概要

「262L冷凍冷蔵庫(JR-NF262A)」
カラー:S/シルバー
内容積(L):262
ドア数:2
消費電力(kWh/年):320
冷却方式:ファン式
本体寸法(mm):幅598×奥行き681×高さ1525
本体重量(kg):58

Ranking

台湾漫画と台湾ドリンクが楽しめる『台湾漫画喫茶』が日本橋に期間限定オープン

【7/6~】ミスド×BAKEが今年も帰ってきた!今回はRINGOとのコラボ商品も

『トム フォード ビューティ』から黄金の太陽の陽射しをまとうサマーコレクションが新登場

【レポ】丁寧な仕込みと熟練の握り技に驚き!新宿の鮨スタンド『EDOMAE SS』

【8/24】有明アリーナで東京2020パラリンピック1周年記念イベントを開催