日本初!“体験型”公演劇場『ヴィーナスオブトーキョー』がお台場に一年間限定で誕生

更新日:2021/04/06 19:27
2021年4月29日から一年間の期間限定で、日本初の体験型公演施設『Venus of TOKYO(ヴィーナスオブトーキョー)』がお台場ヴィーナスフォートにオープンします。今までになかった「体験型」の公演とは一体どのようなものなのか、期待が高まりますね。

日本初!体験型公演「イマーシブシアター」がお台場に誕生

Retina main
2021年4月29日(木・祝)より一年間の期間限定で、お台場ヴィーナスフォートにオープンする『Venus of TOKYO(ヴィーナスオブトーキョー)』。

『Venus of TOKYO(ヴィーナスオブトーキョー)』は、2000年代にロンドンから始まり、近年、ニューヨークを中心に世界的人気を博している体験型の演劇「イマーシブシアター」です。
Retina sub1
「イマーシブシアター」は、「観客が自らの意思で歩き、演者と同じ作品空間に同居しながら物語の一部として作品に参加する」形式へと変化した、これまでにない新しい形の舞台なのだそう。

今回、日本でのイマーシブシアターの先駆的な存在であるダンスカンパニー「DAZZLE」が、日本初の常設イマーシブシアターとして『Venus of TOKYO』を立ち上げました。
Retina sub2
『Venus of TOKYO』では、特別に招待された者しか立ち入ることができない、秘密クラブで行われるオークションに、黄金の林檎がその手に握られていたいう伝説のある「ミロのヴィーナスの失われた左手」が出品されるという噂から始まるミステリーを展開。

参加する観客の行動によって、登場人物たちの運命が変わるマルチエンディングストーリーとなっており、二度と同じ内容が繰り返されることのない作品を楽しむことができます。

おわりに

これまでのように「見る」ということが当たり前ではない公演「イマーシブシアター」。なかなか想像で理解するのは難しいですが、とても興味をそそられる体験型施設です。ぜひ気になった方は一度体験しに、足を運んでみてくださいね。

『Venus of TOKYO』概要

開催期間:2021年4月29日(木・祝)より約一年間開催
公演タイムテーブル:4月29日〜5月31日までは平日・土日祝日に関わらず毎日
13:30 開演 / 16:30 開演 / 19:30 開演
※開場は開演の30分前 ※所要時間:約80分
※休演日:基本無休、ヴィーナスフォートの規定に準ずる
場所:お台場ヴィーナスフォート2F「Venus of TOKYO」(教会広場前)
(〒135-0064 東京都江東区青海1丁目3−15)
料金:
一般チケット:平日 6,500円(税込)、土日祝 7,500円(税込)
プレミアムチケット:平日 9,500円(税込)、土日祝 10,500円(税込)
<チケット情報>
発売開始:2021年4月3日(土)〜発売中
販売URL:DAZZLEユーザーズサイト(アカウント登録無料)
※ユーザーズサイト有料会員はチケット500円OFF
ローソンチケット Lコード:38231
※プレミアムチケットはDAZZLEユーザーズサイトでのみ購入可能
CAST:DAZZLE他 (公式サイトに記載)

Schedule

3月18日(金) 〜 6月30日(木)

『岡田謹製あんバタ屋』が羽田空港第2ターミナルに期間限定でオープン

4月25日(月) 〜 6月30日(木)

パークハイアット東京『ハリー・ウィンストン』とのコラボアフタヌーンティーを開催

Ranking

【2022年版】男性必見!見た目も素材も“上質”な「白Tシャツ」ブランド5選

【8/24】有明アリーナで東京2020パラリンピック1周年記念イベントを開催

成田凌が『メゾン マルジェラ』の 「レプリカ」日本初のアンバサダーに就任

おこげを食パンで実現!高級「生」食パン『乃が美』から新ライン「黒山乃が美」誕生

1日ひとかけらを習慣に!59種の栄養が詰まったユーグレナ配合チョコレート発売