101匹の保護犬に家族を!保護犬支援プロジェクト「セーブ・101・ドッグス」が始動

ドッグカメラ「Furbo(ファーボ)」は8月26日の犬の日から、保護犬猫マッチングサイト『OMUSUBI』に登録している日本全国の保護犬101匹を救うためのプロジェクト「セーブ・101・ドッグス)」を始動しました。

保護犬支援プロジェクト「セーブ・101・ドッグス」を開始

Retina sub3
世界144ヶ国、60万人以上の愛犬家が愛用する、お留守番中の愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて一緒に遊ぶことができるドッグカメラ「Furbo(ファーボ)」は、犬の日である8月26日から、保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」に登録している日本全国の保護犬101匹を救うためのプロジェクト「#save101dogs(セーブ・101・ドッグス)」を開始します。
Retina main
日本では年間7千匹以上の犬が殺処分(*)されているとのこと。
そこで、「保護犬を迎え入れる」という選択の背中を押したいという想いから、「セーブ・101・ドッグス」プロジェクトを開始しました。

「101匹の保護犬に家族を。」をキーワードに、『OMUSUBI』から保護犬(猫含む)を迎え入れた全ての里親のご家族101組にFurboを無償提供します。

※ 出典:環境省/ペットフード協会令和元年 全国犬猫飼育実態調査
Retina sub2
さらに、『OMUSUBI』に登録している日本全国の保護動物施設の見守りの負担軽減を目的に、希望する団体に数量限定で「ファーボ」を提供。

また、期間中に保護犬を迎え入れたご家族1組にアンバサダーの森泉さんが直接「ファーボ」を贈呈してくれるキャンペーンも開催とのこと。

犬を飼いたいという方は、ぜひこの機会に保護犬を家族に迎え入れてみてはいかがでしょう。

プロジェクト内容詳細

保護犬猫マッチングサービス『OMUSUBI』に登録している保護犬(猫含む)を迎え入れたご家族先着101組に「Furbo ドッグカメラ」を無償提供。
その中から抽選で1組に公式アンバサダーの森泉さんが直接Furboドッグカメラを贈呈。

「#save101dogs」 101匹の保護犬に家族を。
期間:2020年8月26日(水)/National Dog Day(犬の日) - 10月中旬(予定)
対象:『OMUSUBI』で新たに里親になった保護犬(猫)オーナー先着101組 (※希望者のみ)
景品:Furbo ドッグカメラ

Ranking

【レポ】いま話題の“出来たて”和栗モンブラン専門店『栗歩』が原宿にオープン

『猿田彦珈琲』から新感覚のスイーツドリンク「ジェラッテ」が9月15日発売

都内から行けるバーベキュー場6選!雨の日OKな屋根付きテラスや川遊びも

【話題】アルプスの少女ハイジになれる⁈日本一高い巨大ブランコが白馬に誕生

対話型知育アプリにつるの剛士・土屋アンナ・西山茉希が朗読するスペシャル絵本が登場