白川郷の雪の下で熟成した「雪の下珈琲」から数量限定で水出しコーヒーが登場

更新日:2020/08/23 17:38
白川郷の雪の中でコーヒーの生豆をひと冬熟成した『香福屋』の「雪の下珈琲」。 豪雪地帯である白川郷では、昔から野菜やお酒を雪の中で保存する文化があり、そうすることにより、甘みが増したり味がまろやかになるなど味に変化を与えます。 今回は、暑い季節にぴったりな「雪の下熟成珈琲 コールドブリュー風花(ふうか)」が数量限定でオンラインショップに登場しました。

「雪の下珈琲」のコールドブリューが登場

Retina
豪雪地帯である白川郷の雪の下で生豆を寝かせた「雪の下珈琲」を販売する『香福屋』から、暑い季節にぴったりのコールドブリューコーヒー「雪の下熟成珈琲 コールドブリュー風花(ふうか)」が登場。
クラウドファンディング「Makuake」にて、560%を達成した人気の商品が、オンラインショップにて数量限定で販売されます。

豪雪地帯である白川郷を活かした「雪の下珈琲」

Retina
「雪の下珈琲」は、豪雪地帯である白川郷ならではの作り方が特徴。
雪の中は高湿度で「雪温」とよばれる1℃から2℃の低温が保たれており、その中で野菜やお酒などを保存する文化があります。
「雪の下珈琲」は、生豆を雪の中で一冬の間熟成させることで、旨みと甘みをしっかりと引き出しています。

雪解け水で抽出したコールドブリュー

Retina
今回新たにオンラインショップに登場するのは、「雪の下熟成珈琲 コールドブリュー風花」。
雪の下で熟成させたコーヒー豆を、名水百選にも選ばれた天然水「羊蹄(ようてい)の水」で抽出したリッチな水出しコーヒーです。
軟水で抽出することで。苦みのない、すっきりとしたやわらかいコーヒーに仕上がっています。
また、光を通しにくいボトルを採用することで、コーヒーの香りがそのままに閉じ込められており、豊かな風味が保たれたままいただけます。

コーヒーゼリーも登場

Retina
また、コールドブリューコーヒーのみならず、すっきりとまろやかな味わいのコーヒーゼリーや、手軽なドリップバッグも用意されているので、要チェックです。

Schedule

5月20日(金) 〜 5月30日(月)

【期間限定】恵比寿『ザ テストキッチン』で「耳にやさしいスムージー」が発売

3月18日(金) 〜 6月30日(木)

『岡田謹製あんバタ屋』が羽田空港第2ターミナルに期間限定でオープン

4月25日(月) 〜 6月30日(木)

パークハイアット東京『ハリー・ウィンストン』とのコラボアフタヌーンティーを開催

Ranking

『フラコラ』から最高峰のエイジングケアを叶える洗顔&UVケアアイテムが登場

台湾で連日行列!台湾カステラ専門店『名東』が6/10吉祥寺に日本初上陸

賛成多数⁈PS保険が犬と猫のマイクロチップ装着に関するアンケート結果を公開

残り1日!錦戸亮&赤西仁が手がける香水の「香り付きシール入りマスク」がもらえる広告が登場

サウナグッズ専門ブランド『37』からサウナの新マナーを提案する新商品が登場