白川郷の雪の下で熟成した「雪の下珈琲」から数量限定で水出しコーヒーが登場

白川郷の雪の中でコーヒーの生豆をひと冬熟成した『香福屋』の「雪の下珈琲」。 豪雪地帯である白川郷では、昔から野菜やお酒を雪の中で保存する文化があり、そうすることにより、甘みが増したり味がまろやかになるなど味に変化を与えます。 今回は、暑い季節にぴったりな「雪の下熟成珈琲 コールドブリュー風花(ふうか)」が数量限定でオンラインショップに登場しました。

「雪の下珈琲」のコールドブリューが登場

Retina
豪雪地帯である白川郷の雪の下で生豆を寝かせた「雪の下珈琲」を販売する『香福屋』から、暑い季節にぴったりのコールドブリューコーヒー「雪の下熟成珈琲 コールドブリュー風花(ふうか)」が登場。
クラウドファンディング「Makuake」にて、560%を達成した人気の商品が、オンラインショップにて数量限定で販売されます。

豪雪地帯である白川郷を活かした「雪の下珈琲」

Retina
「雪の下珈琲」は、豪雪地帯である白川郷ならではの作り方が特徴。
雪の中は高湿度で「雪温」とよばれる1℃から2℃の低温が保たれており、その中で野菜やお酒などを保存する文化があります。
「雪の下珈琲」は、生豆を雪の中で一冬の間熟成させることで、旨みと甘みをしっかりと引き出しています。

雪解け水で抽出したコールドブリュー

Retina
今回新たにオンラインショップに登場するのは、「雪の下熟成珈琲 コールドブリュー風花」。
雪の下で熟成させたコーヒー豆を、名水百選にも選ばれた天然水「羊蹄(ようてい)の水」で抽出したリッチな水出しコーヒーです。
軟水で抽出することで。苦みのない、すっきりとしたやわらかいコーヒーに仕上がっています。
また、光を通しにくいボトルを採用することで、コーヒーの香りがそのままに閉じ込められており、豊かな風味が保たれたままいただけます。

コーヒーゼリーも登場

Retina
また、コールドブリューコーヒーのみならず、すっきりとまろやかな味わいのコーヒーゼリーや、手軽なドリップバッグも用意されているので、要チェックです。

Ranking

【レポ】いま話題の“出来たて”和栗モンブラン専門店『栗歩』が原宿にオープン

『猿田彦珈琲』から新感覚のスイーツドリンク「ジェラッテ」が9月15日発売

都内から行けるバーベキュー場6選!雨の日OKな屋根付きテラスや川遊びも

【話題】アルプスの少女ハイジになれる⁈日本一高い巨大ブランコが白馬に誕生

チェーン店カフェで秋気分を!「2020年秋の新作ドリンク」まとめ