王様のブランチで紹介!いま話題の進化系「エコバッグ」5選

2020年7月1日からついにレジ袋の有料の義務化が始まりましたね。毎回レジ袋にお金を払うのはもったいない!そこで、今回は先日の「王様のブランチ」で紹介されていた、いま話題の進化系かつおしゃれなエコバッグを5つご紹介します。1つは鞄に忍ばせておくと便利なものばかり。ぜひチェックしてみてください。

和紙風なデザインで見た目もおしゃれな「手ぶらエコバッグ」

ミニマリストでおなじみのしぶさんが監修する『less is』から発売されている「手ぶらエコバッグ」(Sサイズ:2020円/Mサイズ: 3,040円/Lサイズ:3,680円※税込)。
必要がない時はポケットに忍ばせて、必要な時は広げて使うことができ、見た目も和紙のようなおしゃれなデザインに。

普段使いのトートバッグとしても、折り曲げてクラッチバッグとしても使用でき、サイズはSとMの2サイズを展開。
生地の表面にはマグネットが埋め込まれているため、スピーディかつ簡単に畳める設計になっているというのも嬉しいポイントです。

可愛くてちょうど良いサイズ感「バッグチャームエコバッグ」

おしゃれ雑貨を販売する『Francfranc(フランフラン)』から発売されている「バッグチャームエコバッグ」(1,500円/税込)は、その名の通り、バッグチャームのように外側につけられるエコバッグ。

畳んだ時のコンパクトさからは想像できないような、コンビニのお弁当などもスッキリと入るサイズ感としっかりした素材なので、ちょっとしたお買い物にもぴったりです。
さらに、見た目も可愛く、6種類デザインから選ぶことができます。

ポケットに入れて持ち運びができる「ハンカチエコバッグ」

『HorB』から発売されている、見た目はハンカチですがよく見ると、持ち手・マチ・入れ口が備えられている、綿100%素材の「ハンカチエコバッグ」(1,360円/税抜)。

老若男女問わず持てるデザインが豊富に用意されており、ポケットに入れて持ち運びができるので、忘れる心配が少ないというのもポイントです。

トートバッグとしてもリュックとしても使える「2WAYエコバッグ」

『notsbag』から発売されている、カラーバリエーションも豊富で男女兼用で使用することができるシンプルなデザインの「2WAYエコバッグ」(4,070円/税込)。

折りたたむとかなりのコンパクトサイズかと思いきや、広げれば大きめのトートバックに!
さらに、持ち手を調節することによりリュックとしても利用することが可能ですよ。

簡単に折りたたみが可能な「コンパクトバッグ」

累計330万個も販売されている、大人気のエコバッグ『shupatto(シュパット)』から発売されている「コンパクトバッグM」(1,980円/税抜)。

両端を“シュパッ”と引っ張って、簡単に小さくまとめられることができるので、畳む手間がかかりません。
荷物の重さで袋口がしぼられて中身が見えにくい設計になっています。

Ranking

【お得なクーポン付き】「うに」まで食べ放題!お寿司としゃぶしゃぶ『ゆず庵』で贅沢なひと時を

【レポ】いま話題の“出来たて”和栗モンブラン専門店『栗歩』が原宿にオープン

神楽坂に日本初の完全個室フィンランド式サウナ『tune』が誕生

原田治とほぼ日手帳のコラボグッズがロフト限定で発売

『ビープル バイ コスメキッチン』初となる路面店が三軒茶屋にオープン