脱プラスチック!東洋製罐が紙製のスタンディングパウチ「ペーパウチ」の提供を開始

更新日:2020/06/24 14:09
創業100年を超える総合包装容器メーカーの東洋製罐グループは、機能性とデザイン性を兼ね備えた新しい紙製スタンディングパウチ「PA-PAUCH(ペーパウチ)」の提供を開始しました。

脱プラスチックの課題解決に、紙製スタンディングパウチを提案

Retina sub1
近年、世界各国でプラスチック製のストローやレジ袋が禁止されるなど、脱プラスチックの流れが加速。
そのような背景から、総合包装容器メーカーの東洋製罐グループでは、脱プラスチックの課題解決に寄与する新たな紙容器製品やバイオマス容器などの開発の取り組みを行なっています。

今回、環境に優しい紙を使用し、機能性とデザイン性を兼ね備えたこれまでにない新しい紙製スタンディングパウチ「PA-PAUCH」を提案しました。

機能性とデザイン性を兼ね備えた新しいパッケージ

Retina sub6
「PA-PAUCH」は大きな印刷面でデザインが可能なため、内容物の魅力を視覚的にアピールすることができます。

さらに、底形状を長方形型にすることにより安定性/自立性を実現し、一度の紙による包装(一次包装)のみでデザイン性の高い商品を陳列させることを可能に。
Retina sub2
また、ラミネート折り返しにより紙繊維の微細な隙間をなくし端面からの湿気を遮断するスカイブ加工を施すことで、内容物を湿気から保護する防湿性が備わり、お米やドライフルーツ、スナック菓子、おつまみなど様々な食品など、内容物やニーズに合わせた様々な開封方法を選択することができます。

外装箱として「コンパクトボックス」を併用すれば、パウチ上部のスペースを有効活用でき、積載効率を大幅にアップさせることも。
また、箱の開封時には、そのまま「コンパクトボックス」を2フェイスディスプレイトレーとして利用できるので、資材費や物流費の削減にもつながります。

「PA-PAUCH」製品仕様

Retina main
底形状:長方形 60×50mm
全高:140mm
底高さ:8.5mm
容量:268ml(シール後)
構成:外)紙/PE/AL/PE(内
機能:水蒸気バリア有(酸素バリア無)、ジッパー形状可(横方向)

Schedule

3月18日(金) 〜 6月30日(木)

『岡田謹製あんバタ屋』が羽田空港第2ターミナルに期間限定でオープン

4月25日(月) 〜 6月30日(木)

パークハイアット東京『ハリー・ウィンストン』とのコラボアフタヌーンティーを開催

Ranking

究極の癒し空間!『パーソナル・サウナ KUU』が表参道にオープン

錦戸亮と赤西仁が「香水」をプロデュース!4月12日より全国発売を開始

台湾で連日行列!台湾カステラ専門店『名東』が6/10吉祥寺に日本初上陸

【レポ】大盛況で延長決定!人気ストリートブランド『サプライヤー』がポップアップを開催

【レポ】髪の専門家『アデランス』運営の“美髪”に特化したサロンに驚嘆