【速レポ】新たな新名所も!南町田に『スヌーピーミュージアム』がオープン

2019年12月14日『南町田グランベリーパーク』に、かつて六本木にあった『スヌーピーミュージアム』が広さ2倍になってリニューアルオープンします。ここでしか手に入らないグッズやここでしか体験できないワークショップ、さらにカフェも併設されたミュージアムは一体どんなものなのか、ひと足先に行ってきました!

南町田に『スヌーピーミュージアム』が倍の広さになってオープン

Retina img 7998
2019年12月14日(土)、東京・六本木にあった『スヌーピーミュージアム』が『南町田グランベリーパーク』内に移転し、約2倍の広さになってオープンします。

『スヌーピーミュージアム』は、スヌーピーの原作コミック「ピーナッツ」の貴重な原画を展示している、アメリカ・カリフォルニア州にある『シュルツ美術館』の世界で唯一の公式分館として日本でも大人気のミュージアムです。

今回、リニューアルした『スヌーピーミュージアム』は一体どのようになっているのか、ひと足先に行ってきました。
Retina img 7978
12日に行われたメディア向けの内覧会には、過去数冊のピーナッツ絵本のイラストレーションを手がけているペイジ・ブラドック氏、原作者であるチャールズ M.シュルツ氏の未亡人であるジーン・シュルツ氏、『シュルツ美術館』館長のカレン・ジョンソン氏もこの日のために来日。

『スヌーピーミュージアム』の新しい制服を着たスヌーピー、そして『スヌーピーミュージアム』の館長である中山三善氏と共にオープニングイベントに登場しました。

【1階】ここでしか作れない、自分だけのスヌーピー作品を

Retina img 0423
今回3階建てでオープンする『スヌーピーミュージアム』の1階には、これまでになかった常設のワークショップルームを併設。
事前にネット予約が必要ですが、スヌーピーのぬいぐるみやトートバッグ作り、キャンドルや和菓子作りなど、様々なプログラムが予定されています。
Retina img 8003
こちらの可愛いスヌーピーは、キャンドルで作成された一品。
ここでしか作ることができない、世界にひとつだけのスヌーピー作品を作れるというのはとても貴重!
最初のうちはなかなか予約が取りづらいかもしれませんが、ぜひこまめにHPをチェックして体験してみてくださいね。

ここでしか手に入らないグッズが多数「ブラウンズストア」

Retina img 8039
1階には「世界でここにしかない」グッズが溢れる「ブラウンズストア」も。
チャーリー・ブラウンの世界観をイメージした店内には、人気ブランドとのコラボレーション商品をはじめ、多数のオリジナル商品が揃っています。
Retina img 8040
オープン記念として販売されるふわふわの手触りにこだわったオリジナルぬいぐるみや、お土産にもぴったりのスイーツや文房具など、見ると欲しくなってしまうものばかり!

【2階】スヌーピーやウッドストックのお部屋

Retina img 8033
2階にある新名所・スヌーピー・ルームには、何体もの大きなスヌーピーが並んでいます。
目玉は、全長約8メートルもある巨大なオブジェ「スリーピング・スヌーピー」!
ぜひ一緒に写真撮影をして楽しんでみてくださいね。
Retina img 8037
こちらはスヌーピーと仲良しのウッドストックをイメージしたという、黄色い空間のウッドストック・ルーム。
「ピーナッツ」の書籍を読んだり、オリジナルのショート・アニメを楽しみながらリラックスすることができる空間に。

【3階】スヌーピーの歴史を学ぶギャラリーコーナー

Retina img 8018
3階には、大きな4面スクリーンで展開されるオープニングシアターの上映をはじめ、作者チャールズ・シュルツ氏の創作の歴史を写真や画像で振り返る「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」が登場。

シュルツ氏がキャラクターを生み出す貴重な映像や、シュルツ氏の人生とピーナッツの物語やキャラクターとの密接な関わりも紹介されています。
Retina img 8027
さらに「ピーナッツ・ギャング・ギャラリー」では、コミック「ピーナッツ」について、スヌーピーやピーナッツ・ギャングの定番エピソードやトリビアについて、複製原画やヴィンテージグッズ、映像を通じて立体的に展示します。

ピクニックメニューを楽しめる『ピーナッツ カフェ』を隣接

Retina img 7984
さらに『スヌーピーミュージアム』には、大人気の『PEANUTS Cafe(ピーナッツカフェ)』も隣接されています。
(ミュージアムのチケットがなくても利用可能)
Retina img 7996
こちらは、季節ごとにフルーツが変わる「PEANUTS GANG'S“DESSERT PARLOR”季節のパンケーキ -APPLE-」。
PEANUTSのコミックでおなじみの擬音をステンシルで描いたパンケーキです。
Retina img 7989
豊富なメニューに加えて、ピーナッツ・ギャングたちの“ポットラックピクニック”(持ち寄りピクニック)をイメージしたバスケットプレートなど、緑豊かな環境にぴったりのメニューがラインナップ。
公園を見渡せる店内で食べるご飯は、まるでピクニックをしているかのような気分を味わうことができますよ。

店舗情報

開館日:2019年12月14日(土)
休館日:会期中無休(12月31日は短縮営業、1月1日は休館)
時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)
所在地:東京都町田市鶴間3-1-1
アクセス:東急田園都市線・南町田グランベリーパーク駅より徒歩4分
     東名高速道路・横浜町田ICより約1km
入館料:<一般・大学生>前売券 1,800円 当日券 2,000円
    <中学・高校生>前売券 800円 当日券 1,000円
    <4歳~小学生>前売券 400円 当日券 600円(税込)

チケット情報

日時指定(10:00、12:00、14:00、16:00、18:00の計5回)でイープラス専用サイトにて前売券を販売中。
また、当日券は前売券の販売状況に余裕のある場合にミュージアムの窓口にて購入可能。

※滞在時間の制限はなし
©Peanuts Worldwide LLC

Ranking

出会えたら超ラッキー!スヌーピー誕生70周年記念のトラックにフワちゃんも大興奮

中目黒に“完全非接触”のバーガーショップ『ブルースターバーガー』がオープン

ピカチュウが「東京ばな奈」に!セブンイレブンで数量限定先行発売を開始

【11/25~】スタバにホリデービバレッジ第二弾「抹茶×ホワイトチョコレート」が登場

【11/13~】『ユニクロ』と『ジル・サンダー』のコラボ商品「+J」が待望の復活