【レビュー】推し活+お仕事ドラマ!テレ東「推しを召し上がれ」

更新日:2024/01/31 11:55
2024年1月10日深夜1時より放送開始した、テレ東のドラマ「推しを召し上がれ~広報ガールのまろやかな日々~」。鞘師里保さん演じる主人公・朋太子由寿が、乳酸菌への推し活に勤しみつつ、新人広報ガールとして奮闘していくお仕事ドラマです。

「推しを召し上がれ~広報ガールのまろやかな日々~」が放送中

Retina           2024 01 20 14.21.43
1月10日深夜1時より放送開始となったテレ東のドラマ「推しを召し上がれ~広報ガールのまろやかな日々~」。
「校閲ガール」など話題作品を手掛ける宮木あや子氏著の「令和ブルガリアヨーグルト」が原作のドラマです。

発売開始から50周年を迎える人気ベストセラー商品を題材に執筆された小説をドラマ化!

鞘師里保さん演じる岩手の田舎出身でオタク気質な主人公・朋太子由寿が、橋本さとし演じる“吾輩”こと乳酸菌(ブルガリア菌20388株)に見守られながら、ブルガリア菌への推し活に勤しみつつ、新人広報ガールとして奮闘していくお仕事+推し事ドラマです。

【第1話】乳酸菌への推し活と新社会人生活がスタート

Retina 1
【第1話あらすじ】
就活中に、ヨーグルトを題材にした創作小説にハマった朋太子由寿は、一年後、株式会社明和へ入社。
大阪支店へと配属になり、地元岩手にしか住んだことがない由寿は困惑しつつも新天地・大阪での生活をスタートさせる。

先輩社員の金城剛と共に担当先のスーパーに営業しに行くが、慣れない仕事と環境にドッと疲れが溜る由寿。
その翌日、競合会社の配送トラックが事故に巻き込まれ、物流網がストップしていると金城から緊急連絡が…?!

ヨーグルトの創作小説!?驚きの展開から物語がスタート

由寿がヨーグルトの創作小説をきっかけに乳酸菌オタクになる、という驚きの展開から物語が始まります。
一体これからどんな展開になるのか…!?と不思議に思っていましたが、由寿の広報ガールとしての新生活がスタートし、“お仕事”ドラマとしての側面が現れてきます。

てっきり東京勤務だと思っていた由寿ですが、まさかの大阪支社で新入社員としての生活がスタート。
そんなハードな新生活の幕開けの中、早々にトラブルが発生。
交通事故の影響で自社の物流網がストップしてしまいますが、先輩社員 金城の「空いた棚埋めに行くで」「スーパー空っぽにさせるわけにいかへんやろ」という言葉を受け、由寿も動き出します。

そんなしっかりとお仕事ドラマな一方で、乳酸菌への推し活に勤しむシーンも度々描かれ、ただのお仕事ドラマではないのが見どころではないでしょうか。

主人公を演じる鞘師里保さんの乳酸菌オタクとして推しを崇める姿に癒されます。

【第2話】商品が届かないトラブルに奮闘する由寿

Retina 1
【第2話あらすじ】
交通事故の影響で物流網が止まり、商品が届かないトラブルが発生。その日はポイント3倍デーで、お店にとっては勝負の日。

肝心の商品が届かない事態に落胆する林泰然(好井まさお)。由寿(鞘師里保)は、足りない商品は自社商品で賄うと伝え、林と一緒に開店に向けての品出しを手伝うことに。ガラガラに空いた棚を見て、由寿が地元岩手で体験した震災時の話をすると、林は自身の父親も似たような体験をしたと伝える。

そこで語られた明和伝説の営業社員である「おでん先輩(バッファロー吾郎A)」の雄姿を聞いた由寿は…。

由寿が明和に入職した理由が明らかに!

第2話では、由寿の就職理由が明らかになりました。

由寿は幼少期に被災していたんですね。
十分な食べ物がなかった被災時、明和の板チョコレートを食べて「生きてて良かった」と実感した体験が、由寿が明和に就職した理由でした。

そんな強い想い入れがある由寿が、これから明和でどんな働きをしてくのか気になりますね。

東京の本社に異動し、いよいよ広報ガールとしての第一歩を踏み出す…!

第2話のラストでは、先輩とともに無事トラブルを乗り越え、大阪支店でこれからも頑張ることを誓った由寿でしたが、なんと東京の広報部への異動が決定!

第3話からは舞台は東京に移り、広報部で教育係の緑川逸美(明日海りお)と、先輩の飯野朝子(生駒里奈)が登場します。

いよいよ広報ガールとしての第一報を踏み出す由寿の今後の展開にも目が離せませんね!

Ranking

【レポ】『GU』が夏休みの子どもに向けたコーディネート体験を開催。自由研究に活用できる特別授業も!

豪華特典付き!劇場版「風都探偵 仮面ライダースカルの肖像」ムビチケカード2枚セット予約受付を開始

マウンテンリゾートならではの体験を強化!『白馬アルプスホテル』がリフレッシュオープン

『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』出身シェフが手がけるパティスリーが赤坂にオープン

【レポ】植野有砂が手がけるランジェリーブランド『アウグ』誕生!“自分のために着る下着”