タルト専門店『里山ワルツ』から「バターのいとこ」に次ぐ新商品が登場

更新日:2023/10/28 08:42
「バターのいとこ」を手掛ける株式会社GOOD NEWSの新ブランドタルト専門店『里山ワルツ』から、第2弾となるフレーバー「麓(ふもと)のエッグタルト」が新登場しました。

「バターのいとこ」の会社の新ブランド『里山ワルツ』から新たなエッグタルトが登場

Retina main
「麓のエッグタルト」1個 324円、3個入りBOX 972円、6個入りBOX 1,944円(すべて税込)
栃木県・那須の新銘菓「バターのいとこ」を手掛ける株式会社GOOD NEWSより2023年6月にデビューしたタルト専門店『里山ワルツ』の新フレーバー「麓(ふもと)のエッグタルト」が登場しました。

『里山ワルツ』は、日本の里山をテーマに、各地のおいしい“里山そざい”をふんだんに味わえるタルト専門店。

第2弾となる今回のフレーバーは、天然湧⽔が流れる⼭梨百名⼭の麓で、のびのびと鶏たちを育てる「⿊富⼠農場」直送の、濃厚でコク深い平飼い放牧卵を使⽤しています。

しあわせな鶏たちから育まれた、⽢さが引き立つ卵⻩に、⽜乳と⽣クリームを贅沢に合わせた逸品。
卵の旨味がじゅわ~と広がる究極のくちどけが、まるでクリームブリュレのようでたまりません。

「麓(ふもと)のエッグタルト」のおいしい卵の秘訣

Retina sub6
エッグタルトで使われる卵は、「豊かな⾃然環境」「放牧」「天然湧⽔」にこだわった⿊富⼠農場で平飼い放牧で育てられた鶏たちから生れます。

標高1,100mに位置する山の麓の⽴地は、鶏にとっても過ごしやすい環境の⼀つで、安全な発酵飼料に敷料、ミネラルが豊富に含まれる天然の湧⽔と、のびのびと過ごせるストレスのない環境から、おいしい卵が育まれています。

黒富士農場の3つのポイント ①鶏も人もしあわせになる平飼い放牧

Retina sub2
日本はヨーロッパと比較すると農場での平飼い放牧が進んでいません。

黒富士農場では、卵では取得が難しいとされる「有機JAS認証」や、世界でも高基準のアニマルウェルフェア(家畜本来の⽣態にあわせた健康的な飼育環境を⽬指すもの)を⽇本で広めてることを使命に、鶏も⼈も⾃然(地域)も満たされる持続可能な畜産を⽬指しています。

黒富士農場の3つのポイント ②安全な肥料と飼料

Retina sub3
飼料もおいしい卵にとって大切です。

黒富士農場では、遺伝⼦組換えの原料を極力使用しない分別管理方法を行っています。

さらに、飼料の一部には「エコフィード」と呼ばれる、近隣の企業や農家から集めた、おからや⽶ぬかなどの未利⽤資源も使⽤したり、農場内に堆肥センターを設置することで鶏から排泄される糞尿を分解し、堆肥として再利用したりと工夫しています。

黒富士農場の3つのポイント ③規格外卵もおいしいお菓子へ

Retina sub4
卵は安定的に市場へ卵を卸せるように、1日の必要数よりも多い余剰卵を常に確保することと、中身には影響ないものの、殻に傷の入った規格外の卵が毎日生まれてしまう課題があります。

この課題を少しでも解決させて、その価値を高めるために、同じ養鶏方法を行う全国の提携農場の余剰卵も含め、エッグタルトの原料として積極的に使⽤しています。

Ranking

日本限定商品も!韓国コスメブランド『トゥインクルポップ バイ クリオ』が全国のセブンイレブンに登場

梅雨時期の部屋干し革命!平安伸銅工業がおすすめする「つっぱりアイテム」4選

【話題レポ】驚きのワンコイン!『ティゴラ』の「ふわもちビーサン」が本当に裸足より気持ちいい

紗栄子のおすすめパンが毎月届く!新サービス『Saeko Bakery』が始動

『涙の女王』で大注目!キム・ジウォンが日本で初ファンミーティングを開催