ダウンタウン・松本人志が開発!日本発の新うまみ調味料の予約販売が開始

更新日:2023/09/09 12:01
BSよしもとの番組「お茶とおっさん」で始まった新プロジェクトにより、万能ウマミソース「Macchan UMAMI rich sauce」が誕生。2023年9月8日に松本人志さん60歳の誕生日に先行して、国内オンラインショップにて予約販売が開始しました。日本から世界へ、日本の食のプロが集結し開発した、全く新しい形のうまみ万能調味料に注目です。

日本の食のプロが集結し、開発された全く新しい形のうまみ万能調味料

Retina main
ダウンタウンの松本人志さんをはじめ、放送作家の高須光聖さん、「ビリギャル」著者の坪田信貴さんが出演しているBSよしもとの番組「お茶とおっさん」にゲストとして登場した、”ヨーロッパの和牛王”こと大矢健治さんの「松本ソースを作りたい」のひと言から始まった新プロジェクト。

そこから誕生した、万能ウマミソース「Macchan UMAMI rich sauce」が、2023年9月8日の松本人志さんの60歳の誕生日に先行し、国内オンラインショップ(タマチャンショップ)で予約販売が開始しました。

松本人志のもとに大矢氏を始め日本の食のプロが集結し開発し、初となる食のプロジェクトで世界へ、全く新しい形のうまみ万能調味料に大注目です。
Retina sub1
2023年3月11日の、「お茶とおっさん#10」にゲスト出演した大矢さんは、30年に渡り日本の食をヨーロッパで伝え、日本産和牛輸出解禁以降、ヨーロッパ中に日本産和牛を広めた立役者。

大矢氏は開口一番、友人の坪田さんに促される形で「『松本ソース』を作りたくて」とお願いしたそうだが、その背景として大矢さんは、以下のように松本さんに想いを伝えたのだとか。

「今まで和牛や日本産の食材を持って各国のシェフや食関係者達と話をする中で、一番聞かれることが「これに合うソースって何?」でした。
特に新型コロナウイルス感染症のロックダウンで自宅で記念日などさまざまな時間を過ごす人々が増える中で、レストランではなくご家庭にも和牛や日本産食材をお届けするサービスも始めましたがシェフ達とは異なり、それに合わせるソースをヨーロッパの食材で作ることは一般的な家庭では容易ではなく、万能ソースの需要を感じていました。
ただそれを日本で作ろうにも日本で知名度のない私では役不足だし、またヨーロッパにソースを輸出するには各国の輸出規制に対応する必要があり、肉や魚系の原材料はNG。さらにプラスチックボトルも現地で認められた原料から作られていないと輸出ができません。
しかし、これが松本さんのソースとなれば、皆んながワクワクして集まりそんな沢山の壁を乗り越え、きっと日本のプロフェッショナル達とカタマリになってヨーロッパや世界に発信できるソース作りに取り組むことができると思うんです。」と。
Retina sub2
笑いのエンターテイメントから、食のエンターテイメントに。

「さらに、お笑いで老若男女問わず日本中の人々を笑顔にしてきた松本さんの存在を、万能ソースとして表現できれば、誰もが好きになる、クセになる、食べたら笑顔になる、そんなソースを世界中の食卓に届けれると思ったんです。」

この想いに松本さんが賛同し、今回の商品開発プロジェクトがスタートしたそうです。

世界で愛される第3のソースに!7つのソースへのこだわり

Retina sub3
世界で愛される第3のソースとして、マヨネーズ、ケチャップに並ぶ日本発の万能うまみ調味料を開発したそうだが、このソースには7つのこだわりがあるそう。

1.世界で最も親しみのある野菜「タマネギ」をベースとしたソース
2.国産原料を使用したオールジャパンソース
3.マヨネーズやケチャップのように、シンプルでありながらも個性と調和のとれた味
4.日本特有のUMAMIを表現したソース
5.肉・魚介・野菜、そのどれもと合う万能ソース
6.マヨネーズやケチャップと同程度の粘度
7.世界各国の輸出規制対応の原材料使用(アニマルフリー食品、ヴィーガン・ベジタリアンの方にもオススメ)
Retina sub4
このソースには、1回、2回と、味わうほどに舌が記憶して世界の食卓に定着していくソース(うまみ調味料)になるようにという想いをもとに、主原料は松本人志と同じように、世界各国で最も食材や調味料として親しまれている「タマネギ」を使用。

タマネギは、じっくり熱を加えることで辛味を抑え旬のイチゴのような「甘さ」が引き出されるそうで、さらに、ローストやフレークオニオンなども加える事によって、タマネギ本来の美味しさや魅力も凝縮させたのだとか。

そこに3大旨味成分の2つである国産の椎茸「グアニル酸」と昆布「グルタミン酸」、そしてその強い個性を繋ぐ存在として日本が誇る醤油、コクや風味を出す引き立て役としてお酢もプラス。

さらに、もう1つの旨味成分である「イノシン酸」は、カツオ(カツオ節)以外にも、鶏肉・豚肉・牛肉など動物性の食材に多く含まれているため、天然の「グアニル酸」や「グルタミン酸」とタマネギの美味しさが凝縮されているMacchanを加えることにより、3大旨味成分が融合され、どんな料理に使用しても「旨み」が倍増するのだそう。

また、ヴィーガンやベジタリアンの方にも野菜それぞれの持つ自然の美味しさに、Macchanの旨味と醤油とお酢の持つコクと風味が加わり、マヨネーズやケチャップのようにディップできる粘度を持たせたことで、つけて食べると病みつきになる美味しさに仕上げられています。
Retina sub5
ロゴデザインには、お笑いで笑顔にしてきた松本さんが食でも美味しさで食卓を照らす太陽のような存在に。

デザインは、ヨーロッパ各国のシェフや食関係者へのヒアリングなどを行い、様々な自然派食品を日本で発信してきたヒットメーカータマチャンショップが監修しているそう。

ネーミングは、第3のソースとしてマヨネーズやケチャップ同様に、発しやすく親しみを持ってもらえて、日本国内で松本人志が呼ばれている愛称「マッチャン」と名付けられました。
Retina sub7
世界中の家庭や飲食店のどこででも愛され、親しまれ、何かあれば頼られる存在になっている、マヨネーズやケチャップ。

「Macchan Umami rich sauce」も同じように、当たり前に世界中で親しまれる存在になるようにと想いが込められています。

開発段階から、世界中の原材料や容器・包材の規制に対応できる規格を前提として進められ、国内のオンラインショップや実店舗での販売に次いで、ヨーロッパを皮切りに海外へ展開。

世界中のお店の棚にデザインボトルがずらっと並び、そして、家庭をはじめ、飲食店で「マッチャン取って、ちょうだい」と言われる風景が創造されています。

BSよしもと番組「お茶とおっさん」について

Retina sub8
「お茶とおっさん」は、おっさんたちが、ゲストと茶飲み話をしながら、これから始まる「新しい世界」と出会い、知り、驚き、「おもしろくて新しい世界」を生み出すきっかけを作る同番組。

放送チャンネル:BSよしもと(BS265ch)
放送日時: 2023年1月7日~6月3日(土) 全22回毎週23:15~24:00放送
出演者:松本人志、高須光聖、坪田信貴
※大矢氏登場回はアーカイブ配信から視聴可能

商品情報

Retina sub6
「Macchan UMAMI rich sauce」
内容量:200ml
販売開始日:2023年9月8日(金)0:00~
発送開始日:2023年9月20日頃から順次
価格:880円/税込・送料別
初回注文可能数量:お一人様5本まで
販売者:タマチャンショップ
監修:大矢 健治
企画:吉本興業株式会社
販売方法:発売当初は数量限定でオンラインショップのみ
※販売サイトに掲載のショップ以外でのオンライン販売は転売となります。
転売先よりご購入いただいた商品の品質等の保証はしかねますので正規店からのご購入をお願いします。

Ranking

【9/27】TVアニメ「キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」の特番の放送が決定

月間約60クラスが無料!『アンダーアーマー』主催のスポーツコミュニティクラスがリニューアル

【レポ】表参道にブランド名を伏せた“体験型”ジュエリーショップ『匿名宝飾店』がオープン

北軽井沢のヴィラ『あさま空山望』にヘリ送迎やゴルフを楽しめる特別宿泊プランが登場

わずかな肌変化にアプローチ!『イプサ』からハリツヤ肌へ導くクリームが新登場