“食後”に食べるだけ!高カカオチョコレートの血糖値抑制効果を検証

更新日:2023/02/17 17:58
働き世代の食の推進活動を行う一般社団法人・大人のダイエット研究所から、高カカオチョコレートを食前ではなく「食後」に摂取した場合にも、血糖値上昇抑制効果が得られるという研究報告が発表されました。普段の食生活に、ぜひ高カカオチョコレートを取り入れてみては?

食後の高カカオチョコレート摂取には血糖値上昇の抑制効果あり!

Retina pixta 86395019 s
忙しい大人のため、生活習慣病改善方法の提案や、健康アドバイスなど食の推進活動を行う一般社団法人・大人のダイエット研究所は、高カカオチョコレートによる糖尿病予防効果を検証しました。

生活習慣病の中でも特に増加傾向が続き問題となっているのが糖尿病。
今後より食生活改善による予防が重要視されていく風潮のなか、今回糖尿病予防のために注目されたのが、高カカオチョコレートです。

高カカオチョコレートは、嗜好性だけでなく食物繊維やポリフェノールを多く含む機能性も近頃注目されており、高血圧や心筋梗塞などを予防する可能性も示唆されています。

そんな高カカオチョコレートの糖尿病予防効果については、各種の先行研究によって、食前に摂取することで消化吸収を緩やかにし、食後血糖値の上昇を抑えることが想定されていたことから、今回は初めて糖質食品を食べた後に高カカオチョコレートを摂取した場合の変化が検証されました。

カカオポリフェノールや食物繊維が食後の血糖値上昇を抑える

今回の試験では、市販の高カカオチョコレートのうち、平均的なカカオ86%の高カカオチョコレートを使用。

カップラーメンを食べた後に高カカオチョコレート(3個)を食べると、カップラーメンだけを食べた人たちよりも血糖値上昇が抑制されたことがわかりました。

高カカオチョコレートは、たった3個摂るだけで日本人が不足している食物繊維量を摂取できるだけでなく、高カカオチョコレートに含まれるカカオポリフェノールが高血圧や心筋梗塞などを予防する可能性も示唆されています。

食物繊維の、食事の順番による血糖値上昇抑制効果は先行研究でもわかっていましたが、高カカオチョコレート(86%)を“食後に食べるだけ”で血糖値上昇抑制効果があることは今回初めて明らかになりました。

食生活改善に手軽に食べられる高カカオチョコレートを取り入れてみては?

高カカオチョコレートは手軽に食べられるので、忙しい毎日の食生活に取り入れやすいのがいいですよね。

ご飯の後、デザートに甘みが欲しい時にもぴったりです。

食生活改善のため、ぜひ食後の高カカオチョコレートを取り入れてみてはいかがでしょう。

Ranking

ハリセンボン・春菜が母親役に!「アサヒ シンプル eco ラベル」シリーズ新TVCM放送開始

新宿駅の新グルメスポット『EATo LUMINE』にバタースイーツ専門店が誕生

【速レポ】10日間限定!『ガーナ』×『エーワークス』のコラボストアが表参道にオープン

5年ぶり!未来型花火エンターテインメント『STAR ISLAND 2024』が日本で開催

【レポ】小島よしお&永尾柚乃が登壇!無料試食イベント「ごろグラ×シスコーン シリアルまぜまぜ自由研究」が4月6日から開催