【レポ】デザイナーも来日!インテリアブランド『ボーコンセプト』が新商品発表会を開催

更新日:2022/09/09 13:33
2022年にブランド創立70周年を迎えた『BoConcept(ボーコンセプト)』の新たな2022AWコレクションが9月より順次販売開始。2022年9月6日(火)、本社ディレクターやデザイナーを招いた新商品発表会とトークショーが開催されました。

祝70周年『ボーコンセプト』の2022AWコレクション

Retina aw22 068
世界67カ国で計300店舗を展開する、北欧デンマーク発祥のインテリアブランド『BoConcept(ボーコンセプト)』が、20222年にブランド創立70周年を迎えました。記念すべき同年に即して、新たな2022AWコレクションが9月より順次販売開始されます。

本コレクションでは、今年のトレンドである「自然」「タイムレスなデザイン」「機能美」をテーマに、新しいカラーや素材を使用した、北欧ならではの “Hygge(ヒュッゲ)”スタイルを提案するとのこと。
Retina rc3 2617
写真左からジェンセン氏、ゲオーセン氏、ペプラー氏
2022年9月6日(火)、『BoConcept』の青山本店にて、コレクション&ビジュアルディレクターのクラウス・ディトゥレヴ・ジェンセン氏、デザイナーのモートン・ゲオーセン氏、ナレーターとして活躍するクリス・ペプラー氏をゲストに迎え、トークショーを交えた新商品発表会が開催されました。

今年のトレンド「自然」を取り入れたヒュッゲスタイル

Retina aw22 028
コロナ禍により、自宅の快適性や機能性、ゆったりと過ごせる空間が重視されている昨今。そうしたなかで、日本でも注目されているのが、北欧の “ヒュッゲ” という生活様式や考え方です。

これまでも消費者のニーズに常に寄り添ってきた『BoConcept』は、本コレクションにおいて、そんな “Hygge(ヒュッゲ)”スタイルの提案や、シンプルで機能的、さらには洗練された美しいデザインを兼ね備えた特徴のコレクションが展開されます。
Retina rc3 2344
そもそも、ヒュッゲとはどういうものなのでしょうか。『BoConcept』のデザイナーであるゲオーセン氏はこう話します。

「ヒュッゲとは、デンマークで生まれたゆったりとした空間や暮らし方を表すもの。決して『ヒュッゲをください』と言って買えるものではなく、インテリアであれば色、素材、形などあらゆるものが作り上げる空間から総合的に成り立ちます。ゆとり、安心という言葉がマッチする気がしますね。

ヒュッゲはデンマークの誇りであり、長い間存在し続ける私達のあり方。その表現の仕方も進化し続けていますが、BoConceptはヒュッゲを表現するアンバサダーだと思っています」
Retina rc3 2665
さらに発表会で紹介された新作コレクションのひとつ、“PRINCETON LIVING CHAIR by Morten Georgsen " に対して、ゲオーセン氏はこう語りました。

「プリンストンシリーズは日本からインスピレーションを受けています。日本は限られたスペースのなかで、居心地の良い空間を作るのが得意な国。そんな部分を参考にして、都市向けの小さめなデザイン、それでいて快適な座り心地を追求して作りました。自然に体に馴染む、自然工学に則った座り心地の良さがポイント」

オーガニックなデザインが、軽快さと柔らかさ、そして椅子自体の美しさを引き立てた作品です。
Retina rc3 2964
自身も『BoConcept』の愛用者であるというペプラー氏が、実際にリビングチェアの座り心地を確認。ゆっくりと腰掛けると同時に、にっこりと笑みを浮かべ「今日はもう、このまま座りながら話をしていいですか」と一言。あまりの心地よさに感動してしまった様子です。

「そのように心地のよい椅子に腰掛け、片手にワインがあると、もうそれはヒュッゲです」とゲオーセン氏。

自然さ、デザイン、機能性。どれに対しても妥協しない

Retina aw22 036 vignetter
本コレクションの商品を販売するにあたり、どのような経緯があったのか、ディレクターのジェンセン氏によると……。

「70周年という節目を迎えることもあり、様々なトレンドや方向性を考えてきました。創業当初の原点はなんだったのか、ということも今一度考えるきっかけに。そのなかで見えてきたのが “木” です。

さらには、今の時代も多様な需要があるが、そのなかでもブランドとして重要だと思っているのは、デザインに気を取られて機能性を失わないこと」
Retina rc3 2131
「それらを意識して、木をはじめとする心地の良い素材を用いて、ヒュッゲを具現化したようなやすらぎを感じるデザインのインテリアを作り出しました。実際に使うときの機能性、見た目の美しさも一切妥協していません。

また、最近はサステナビリティに対する意識の高まりの影響もあってか、色でいうと主張しすぎない、ベージュや茶色などのさりげないカラーリングがトレンドになりつつありますが、本コレクションにはそれらが取り入れられています」

日本の暮らしにも合った本質的なインテリア

Retina aw22 1000
「『BoConcept』は、田舎から始まった“人々をハッピーにする” がテーマのインテリアブランド。我々は創立から70年間、さまざまなトレンドを目にしてきましたが、根本は変わりません。インテリアを通してミニマルなもの、本質的なものを提供していきたいと思っています」と語るジェンセン氏。

2022AWコレクションには、柔らかで心地の良いデザインと、職人技が組み込まれた機能性のあるインテリアがラインアップ。チェアやダイニングテーブル、サイドテーブル、キャビネット、ホームオフィスに役立つホームデスクなど、数多くのツールが出揃っています。加えて、最新の生地とカラーも展開。

この秋に模様替えを検討している方、より本質的で暮らしやすい住まい作りを望む方は、一度『BoConcept』を覗いてみてはいかがでしょうか。

新作コレクションのソファが当たる!特別抽選

Retina 2016064
『BoConcept』の創立70周年を記念して特別な抽選を実施、新作コレクションの「Berneソファ」が当たるチャンスです。全世界のMyBoConcept会員の中から、10名に抽選でプレゼントされます。

「Berneソファ」は、ヘンリック・ペダーセンがデザインを手がけたモダンでミニマルなソファ。低めのシルエットが特徴。まるで床から浮いているような印象を与えます。すっきりとしたフォルムと柔らかな曲線、どの角度から見ても魅力的。ステッチのディテールで仕上げた「Berneソファ」は、どんなお部屋にも優雅な雰囲気をもたらしてくれますよ。

70周年記念のスペシャルイベントを実施

Retina 302758540 1416152382214726 7404369173074246174 n
2022年9月7日(水)より9月30日(金)の期間、『BoConcept青山本店』にて、70周年及び新コレクション発表を記念して、スペシャルストアイベントが開催されます。予約の上、来場のお客様先着30名様には、BoConceptオリジナルミニアクセサリーがプレゼントされます。

■期間:2022年9月7日(水)〜9月30日(金) 11:00〜19:00
■場所:BoConcept青山本店(東京都港区南青山2-31-8)
■内容:70周年記念コレクション、および新コレクション展示

『BoConcept』について

ボーコンセプトは、幸福度No.1のデンマークで1952年に生まれた、世界70か国で愛用されているインテリア・ブランド。ブランド名の「BO」とは、デンマーク語で「生活」を意味し、シンプルで機能的、洗練されたデザインが特徴です。豊富な商品ラインアップ、サイズや素材・色等を選べるカスタマイズ、そして経験豊かなスタッフのコーディネートで、理想のお部屋作りをサポート。

インテリアサービスについて

ブランドの強みでもある、お客様一人ひとりの理想やライフスタイルを考慮したコンサルテーションを、経験豊かなインテリアスタイリストがお客様のライフスタイルをカウンセリング。ソファやテーブルから、アクセサリーの組み合わせに至るまでお客様の理想の空間づくりを3Dの技術を用いた立体的に見えるインテリアデザインサービスを無料で実施。お近くの店舗で希望や要望をヒアリングした後、自宅にて詳細なインテリアプランを提案してくれます。

鮨や和食を中心に都内近郊の新店を食べ歩く、生粋の食いしん坊ライター。

Ranking

小嶋陽菜プロデュースのランジェリーブランド『ロジア バイ ハーリップトゥ』が発売開始

『LUSH』×「ワンピース」のコラボアイテムが限定発売を開始

【レポ】イニエスタが手がける新フットボールブランド『キャピテン』誕生!限定スパイクも登場

TWICEモモをミューズに起用!日韓ハイブリッドのコスメブランド『ウォンジョンヨ』誕生

【速レポ】『モスバーガー』に新商品「月見フォカッチャ」が登場!メタバース上に初の仮想店舗も