蚊に刺されやすい遺伝子タイプが多い都道府県第1位は「愛媛県」!血液型はO型

更新日:2022/08/05 16:18
ユーグレナ社は、『ユーグレナ・マイヘルス』と『ジーンクエスト』の遺伝子解析サービスデータをもとに、「蚊に刺されやすい遺伝子タイプが多い出生地(都道府県) ランキング」と「蚊に刺されやすい遺伝子タイプが多い血液型」を公開しました。

蚊に刺されやすい遺伝子タイプの人の割合が相対的に高い都道府県第1位は「愛媛県」

Retina sub3
個人の健康リスク・体質・祖先について300項目以上の遺伝子型を解析し、どのような病気にかかりやすいか、どのような体質の遺伝的傾向があるかについて結果を提供する『ユーグレナ・マイヘルス』と『ジーンクエスト』の遺伝子解析サービス。

体質や病気の発症は遺伝要因だけでなく、食生活や生活環境など環境要因も大きく影響を受けるため、自分の遺伝子情報を理解したうえで生活習慣を見直すヒントに役立てることができるます。
Retina main
今回、ユーグレナ・マイヘルスとジーンクエストの遺伝子解析サービスの利用者の中から20,000人以上のゲノムデータを用いて、「蚊に刺されやすさ(SNP:rs1026157)」という項目を解析。

遺伝子解析項目「蚊に刺されやすさ」は、周囲の人より蚊に刺されやすいかどうかに関する項目で、「蚊に刺されやすいタイプ(遺伝子型:GG)」、「やや蚊に刺されやすいタイプ(遺伝子型:GT)」、「一般的なタイプ(遺伝子型:TT)」の3つのタイプがあるとのこと。

今回の調査では、この遺伝子(SNP:rs1026157)の型のなかで、「蚊に刺されやすいタイプ(遺伝子型:GG)」に該当する人の割合を出生地(都道府県)別と血液型別に算出し、それぞれ数値化。

その結果、蚊に刺されやすい遺伝子タイプの人の割合が相対的に高い都道府県は、1位 愛媛県、2位 高知県、3位 福島県、4位 山口県、5位 富山県という結果に。
Retina sub1
トップ10に中四国エリアの5県が入り、全ランキングで見ても中四国エリアが上位に多いという傾向が分かりました。
Retina sub2
一方、蚊に刺されやすい遺伝子タイプの人の割合が相対的に高い血液型は、1位 O型(9.47%)、2位 AB型(8.94%)、3位 B型(8.83%)、4位 A型(8.24%)という結果となりました。これは、2004年の学術誌「Journal of Medical Entomology」で害虫防除技術研究所の白井良和先生によって報告された「蚊はO型の血液型を好む」という結果とも一致しています。

調査概要

調査方法:ゲノムデータの解析を元に調査
調査対象:「ジーンクエストALL」、「ユーグレナ・マイヘルス 遺伝子解析サービス」の利用者
対象者数:ゲノムデータ:21,371人
調査時期:2020年5月
調査項目:ゲノムデータ:「蚊に刺されやすさ(SNP:rs1026157)」の項目について、「蚊に刺されやすいタイプ(遺伝子型:GG)」の割合を血液型と都道府県ごとに算出

Ranking

【5日間限定】『丸亀製麺』の新商品「うどーなつ」のポップアップストアが渋谷にオープン

『Voicy』でカメ止め監督・上田慎一郎と乙武洋匡の初対談の配信が開始

今度は最大25万円引き⁉『ビッグウッド』の「大スベリ割」第2弾が開催中

植物由来のスイーツブランド『ウェルビーンズ』、ポップアップを名古屋初開催

【レポ】東レグループがアップサイクル事業に初参入!新ブランド『TSUTSU』を発表