アイスドリンクをフタなしで提供!全国の『スターバックス』で使い捨て資源を削減

更新日:2022/06/13 19:05
『スターバックス』がリソースポジティブカンパニー実現に向け、使い捨て資材をさらに削減。店内のアイスビバレッジのリッド(蓋)なし提供が、6月13日(月)から全国に拡大されます。

全国の『スターバックス』でフタなし提供が開始

Retina unnamed
『スターバックス』が2022年6月13日(月)より、店舗から出る廃棄物をさらに削減するため、店内のアイスビバレッジをリッド(蓋)なしで提供する取り組みを全国の店舗へ拡大します。

2022年4月より113店舗で先行導入されていましたが、全国の約1,700店舗に取り組みの輪を広げることによって、年間約100トン(※)のプラスチック削減効果を見込んでいるとのこと。

また、『スターバックス』がグローバル、および日本で掲げる「2030年までに廃棄物を50%削減する」という目標に向け、店内でのマグ・グラス提供の推奨、マイタンブラー利用促進などさまざまな選択肢を提案。使い捨て資材の削減をさらに加速していくとのことです。

※2022年4月18日~5月22日の期間、先行導入113店舗で実施した際に得られたデータに基づく予測数値

先行導入店舗では賛同の声多数!

Retina unnamed  1
店内利用でアイスビバレッジを注文があった場合、リッド(蓋)をしないで提供する取り組みは、東京や神奈川、大阪などの計113店舗で先行導入されていました。その際に横浜市内の店舗では、店内利用のお客さまの約半数が、リッド(蓋)なしを選択するなど、多くの賛同を得たそう。

また、リッド(蓋)なしの提案をきっかけに、マグやグラスでの提供を選択するなど、さらなる使い捨てカップの削減にもつながったケースも。

お客さまからは「すぐに飲むため、ふたは不要で、ごみを減らせる簡単なアクションだと感じました」など、ポジティブな意見も寄せられたとのことです。
Retina unnamed  2
先行導入した横浜ビブレ店の鈴木ストアマネージャーは、
「店内でお過ごしのお客様に、蓋なしのご提案をすると、ほとんどの方が快く賛同してくださいました。実際、店舗から出るプラスチック資材の量が減ったことを実感しています。働いている私たちも、レジやバーカウンターでお客様に取り組みや協力へのお礼を伝えることで、ごみを減らすことへの意識がさらに高まっていきました。店舗でのちょっとした会話が、環境について考えるきっかけになればうれしいです。今後もできることから、環境へ配慮した取り組みを行っていきたいです」
と話されています。

使い捨て資材削減を目指す主な取り組み例

リッドなしの提供のほか、日本のスターバックスにおける、プラスチック素材や使い捨て資材削減を目指す主な取り組みは数多くあります。

FSC(R)認証紙ストローを導入

Retina unnamed  3
2020年1月より、FSC(R)認証紙ストローを段階的に導入し、現在は国内全店舗で提供。年間2億本のストローの削減が見込まれています。

ペーパーカップ ストロー不要リッド(蓋)提供

Retina unnamed  4
2021年2月より、国内店舗で2種計3品目が使い捨てプラスチックに代わり、紙カップとストロー不要リッド(蓋)で提供されています。2021年4月、対象を23品目へ拡大し、6,700 万杯分の資材削減を見込むとのこと。

国内106店舗で樹脂製グラス提供

Retina unnamed  5
2022年4月より、フラペチーノ(R)などのアイスビバレッジを店内利用時、樹脂製グラスでの提供を国内106店舗で試験導入。現在も実施されています。

Ranking

台湾漫画と台湾ドリンクが楽しめる『台湾漫画喫茶』が日本橋に期間限定オープン

【7/6~】ミスド×BAKEが今年も帰ってきた!今回はRINGOとのコラボ商品も

『トム フォード ビューティ』から黄金の太陽の陽射しをまとうサマーコレクションが新登場

【レポ】丁寧な仕込みと熟練の握り技に驚き!新宿の鮨スタンド『EDOMAE SS』

【8/24】有明アリーナで東京2020パラリンピック1周年記念イベントを開催