『セカンドストリート』スタッフ厳選!春に売ると高く売れるアイテム5選

更新日:2022/03/17 16:16
全国に750店舗以上を展開するリユースショップ「セカンドストリート」 は、春だからこそ高く売れるアイテムをスタッフが5品厳選し発表しました。新生活を迎える春は身の回り品を見直す良い機会です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

3月・4月は「春物」の買取ベストシーズン

Retina
『セカンドストリート』通称『セカスト』でモノを売る場合、基本的にはシーズンイン前にリユースショップへ持ち込むのが買取価格のアップが期待でき、狙い目なのだとか!

例えば、3月・4月は春物の買取ベストシーズンなので、この冬に着た冬物でなく、昨シーズンの春夏物を売却するのがおすすめとのこと。

今回は、『セカスト』スタッフが厳選した、春に売ると高く買い取ってもらえるアイテムを5品ご紹介します。

『セカスト』スタッフ厳選!春に売るべきアイテム5選

Retina
①「ベビーカー」
ベビーカーは主に屋外で使用するため、春先・行楽シーズンにかけて需要が高まる傾向があるのだそう。
現在、人気ブランド『AIRBUGGY(エアバギー)』の「ココブレーキモデル」は買取を強化しているということで、通常よりも1,500円も高く買い取りしてもらえます。

通常買取価格:3,500円→買取強化価格:5,000円(1,500円UP)
Retina dc    2021
②扇風機
家電製品では、夏に活躍する扇風機や除湿機などを春に手放すのが高価買取してもらえるチャンスなのだとか。

<「三菱電機」の扇風機の場合>
通常買取価格:2,500円→買取強化価格:3,000円(500円UP)
Retina
③夏物アパレル(レディース)
レディースアイテムからは、半袖、ノースリーブワンピース、サンダルなど夏物アパレルを売るのがおすすめとのこと。
レディースはメンズに比べてトレンドの移り変わりが早いということもあり、買取価格も変動しやすい傾向にあるのだそう。

『theory(セオリー)』『Mila Owen(ミラ オーウェン)』など買取を強化している人気ブランドも多数。

<『theory』のノースリーブブラウス場合>
季節外買取価格:1,000円→買取強化価格:1,500円(500円UP)
Retina
④アロハシャツ(メンズ)
普段使いもできるファッションアイテムとして人気のアロハシャツも春に売るべきアイテムの1つ。

アロハシャツの⻩金期に作られたレーヨン製アロハ シャツを中心に展開するブランド『SUN SURF(サンサーフ)』の場合、季節内・外で最大700円も高く売却できることも。

季節外買取価格:1,500円→買取強化価格:2,200円(700円UP)
Retina
⑤ウェットスーツ(マリン用品)
ウェットスーツやサーフボードなどマリンスポーツ用品は、 シーズンイン前だけでなく、シーズン中も買取価格がアップするとのこと。

<『QUIK SILVER』の「スプリング(エントリーモデル)」の場合>
季節外買取価格:2,500円→買取強化価格: 3,000円(500円UP)

※状態や買取時期などによるため、同一商品でも同じ査定になるとは限りません。上記買取価格は一例です。

『セカンドストリート』とは

全国に750店舗以上(2022年3月時点)を展開する、ゲオグループが運営する総合リユースショップ『セカンドストリート』では、衣料品から雑貨、家具、 家電、趣味用品など生活に関わるあらゆる商品を取り扱っており、「使わなくなったけど、捨てるのはもったいない」という品物を一点から査定してくれます。

買取方法も、店舗へ直接持ち込む「店頭買取」、大型家具・ 家電を自宅で査定する「出張買取」、品物を段ボール に詰めて送るだけの「Web(宅配)買取」の3つから選ぶことが可能。

売りたいものがある際にはぜひ利用してみてくださいね。

Ranking

【レポ】イニエスタが手がける新フットボールブランド『キャピテン』誕生!限定スパイクも登場

【レポ】『アンダーアーマー』が日本初の屋外常設「カリーコート天王洲アイル」をオープン

TWICEモモをミューズに起用!日韓ハイブリッドのコスメブランド『ウォンジョンヨ』誕生

小嶋陽菜プロデュースのランジェリーブランド『ロジア バイ ハーリップトゥ』が発売開始

【レポ】18種のカヌレが並ぶ!新潟のカヌレ専門店『カヌレ ド キャンティ』が日本橋に誕生