フードロスを削減!『DEAN & DELUCA』で初のフードシェアリングサービスを開始

更新日:2019/11/14 00:05
『DEAN & DELUCA』の八重洲店ではフードロス削減を目指す活動の一環として、フードシェアリングサービス「TABETE」を導入しました。規格外のパンを詰め合わせたセットをお得に購入することができます。

『DEAN & DELUCA 』がフードロス削減のためのフードシェアリングサービスを開始

Retina main
東京駅グランスタ内にある『DEAN & DELUCA 』の八重洲店では、 フードロスを減らすため、商業施設として初となるフードシェアリングサービス「TABETE」を導入しました。

『DEAN & DELUCA』で毎朝製造されているパンの、味わいは全く変わらないけれど、形が小さい、崩れているなどの理由で販売できない規格外のパンを詰め合わせとして販売します。

フードシェアリングサービス「TABETE」とは

Retina sub2
「TABETE」は、飲食店や販売店に存在する“まだ安全に美味しく食べられるのに捨てざるをえない状況にある食事”を美味しくお得に 購入することによってフードロスを減らす国内最大級のフードシェアリングサービス。
Retina sub1
『DEAN & DELUCA』から出品されるのは、オリジナルレシピで作ったパンをランダムで詰め合わせた「本日のパン詰め合わせ」。
レスキュー価格以上の商品が詰め合わせになった一品です。

Schedule

12月26日(日) 〜 1月18日(火)

スタバの新作は「ほうじ茶 meets キャラメル クリーム フラペチーノ®︎&ティーラテ」

Ranking

【レポ】『焼肉ジャンボ』×『伊勢丹』の伝説の“モッチモチ”「カレーパン」が再販中

【レポ】期待以上の優秀さに感動!新コスメブランド『ByUR』が日韓同時デビュー

【1/19~】スタバのバレンタイン2022は「生チョコ」づくしのドリンクが登場

【速レポ】『ロエベ』×「千と千尋の神隠し」ポップアップストアが期間限定オープン

『ドラえもん』新作映画の公開決定!公開記念として過去39作品の映画を一挙公開中