飲食店への電話予約が24時間可能に!業界初のAI電話予約応対サービスを開始

2020年10月1日より、飲食店向け予約管理システム「ebica(エビカ)」を運営する株式会社エビソルと「ひとにやさしいAI」を目指すLINE株式会社の「LINE AiCall」は、AI電話予約応対サービス「AIレセプション」の提供を開始します。飲食店は24時間365日、電話予約の受付が可能に。

業界初!AIで飲食店の電話予約を可能にした「AIレセプション」が誕生

Retina main
飲食店へのネット予約はここ数年で急速に普及している一方で、当日の予約はネット予約を受け付けていない飲食店が多いことや、消費者も来店直前の空席確認は電話で行うことが習慣化しています。

しかし、多くの飲食店では現在人手不足という課題に加え、コロナ禍における人員配置計画の難しさや経営効率の最適化という問題に直面しています。

そこで株式会社エビソルでは、電話予約を「ヒト」から「AI」へシフトさせることで、飲食店スタッフが「ヒトだからこそできる業務」に集中できる環境を作り出し、消費者の利便性を向上させるべく、AI電話予約応対サービス「AIレセプション」の提供を開始しました。

「ebica」の空席データとAIを連携して自動で電話予約を受付

Retina sub1
Retina sub2
AI電話予約応対サービス「AIレセプション」は、エビソルが提供する飲食店向けに開発したクラウド型の予約管理システム「ebica」(※2)と連携して、電話予約の自動化を可能に。

「ebica」は、グルメサイト経由やオウンドメディアなど全てのネット予約を一元管理する機能を備え、飲食店の空席情報をリアルタイムで反映します。
そのため、ダブルブッキングの心配がなく予約機会を最大化できるという特徴も。

これまで自動化が難しいとされてきた来店当日の直前予約も含めて、「ebica」の空席データとLINE株式会社の音声対応「LINE AiCall」を組み合わせることで24時間365日、電話予約の受付が可能となります。

AIと感じさせることのないスマートな対応が可能

Retina sub3
「AIレセプション」の電話口で応対するのは、AIスタッフ“さゆり”。
まるで本物の「ひと」が対応しているかのような自然な音声で電話に応対することができます。

さゆりは、「ebica」の空席データを参照して予約を登録・完了し、来店当日の予約受付はもちろんのこと、予約内容の確認や、満席時には瞬時に希望時間前後の予約可能な時間帯や、近隣系列店の空席を案内することもできます。

予約変更やキャンセルなど、予約以外の内容の場合は店舗に転送されるシステムとなっており、その際はそれまでのさゆりとの会話履歴も全て確認することができるため、店舗スタッフはスムーズな電話対応が可能になります。

Ranking

【2021年版】運気アップ!厄除け・厄払いに行きたい都内のパワースポット7選

文明堂の「3時のおやつあんぱん」に日持ちタイプが新登場

ソニー損保が火災保険のエリア別加入傾向の分析結果を公表

売り切れ必至!ミスドに『ピエール マルコリーニ』とのコラボドーナツが登場

【スイーツ編】おうち時間におすすめ!人気の最新お取り寄せグルメ7選