1年先まで予約不可!五反田の人気店『食堂とだか』のテイクアウト弁当が絶品

予約はなんと1年以上先まで埋まっている五反田の超人気居酒屋『食堂とだか』。現在コロナウイルス感染症による自粛規制によって、お店の営業はストップしていますが、なんとテイクアウトの提供を開始!名店の味をおうちで楽しむことができるチャンスです。ぜひ一度味わってみてはいかがでしょう。

超予約困難店『食堂とだか』がテイクアウトの提供を開始

Retina img 2685
五反田駅から徒歩3分ほどのビルの一角にひっそりと佇む、小さなお店『食堂とだか』。
5年ほど前にオープンし「孤独のグルメ」にも紹介されすぐさま人気店となり、現在は2021年の夏までの予約が埋まっているとのこと。

そんな超人気店が今回の外出自粛を受け、店内での営業は停止していますが、テイクアウト商品の販売をスタートしました。

お弁当の予約は公式Facebookで受付中

Retina img 2713
メインとなるメニューは「コース弁当」(5,000円)と「とだか弁当」(2,000円)の2種類。
どちらも『食堂とだか』の公式Facebookで、前日の予約が必須です。

大体夜8時以降に、次の日のお弁当の予約を受け付ける投稿がされるので、そちらに購入希望メニューをコメントするという方式。
次の日のお昼までに、自分のコメントに『食堂とだか』の公式Facebookアカウントからの【いいね】があれば予約ができたということになります。

もちろん先着順なので、ぜひスタンバイをして投稿のタイミングを見計らってくださいね!

とにかくおかずがぎっしり入った「とだか弁当」

Retina img 2694
今回はこちらの「とだか弁当」を。
お弁当で2,000円と聞くと、少し値が張るイメージですが、このお弁当を見たらそれも納得!
とにかく様々なおかずがぎっしりと入っており、少しづつ楽しむことができるのです。

お弁当は定期的に中身を変えているため、何度食べても飽きずないというのも嬉しいポイント。

どれもしっかりとした味付けなので、お酒のつまみとしても最高です。

お弁当以外のテイクアウト商品は狙い目!

Retina img 2695
またお弁当が予約できなかった場合でも、『食堂とだか』の名物「牛ご飯」(1,200円)や「いぶりがっこのポテサラ」(700円)「甘納豆チーズ」(900円)「田中農場さんの新鮮生卵」(600円)などは個数限定ではありますが、発売されています。

こちらの「牛ご飯」は、大きな牛肉が乗っているだけでなく、すき焼き風になっており、中にはしらたきや、この日はとうもろこしご飯まで。

ずっしりとボリューミーなので、これ1つでも大満足すること間違いなし!
ぜひお弁当がゲットできなくても、こちらを目掛けて足を運んでみてくださいね。

おわりに

お弁当は、Facebookに投稿されて約1時間ほどで完売していました。
いつ投稿されるかがわからないのでドキドキですが、ぜひこの機械に一度『食堂とだか』の味を楽しんでみてはいかがでしょう。

店舗情報

住所:東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビル B1F
電話番号:03-6420-3734
営業時間:[月~土]2部制18:00~20:30、20:30~23:00
定休日:日曜日

Ranking

『ユニクロ』から「エアリズムマスク」が登場!20回洗ってもウイルスブロック効果が持続

暑い夏につけるマスクはこれ!接触冷感加工生地のマスクが登場

ひんやり冷感やUVカット効果も!猛暑を乗り切る「夏用マスク」7選

『クリスピー・クリーム・ドーナツ』が1ダズン買うともう1ダズンもらえるキャンペーンを開催

ドーナツを大福で包む?!『ミスド』に新感覚スイーツ「もちクリームドーナツ」が登場