新宿駅の新グルメスポット『EATo LUMINE』にバタースイーツ専門店が誕生

更新日:2024/04/22 10:24
2024年4月17日(水)、JR新宿駅改札内に誕生する新たなエキナカ商業施設『EATo LUMINE』に、バタースイーツの専門店『果実とバター canarina』がオープンします。いろとりどりの果実となめらかなバターの魅力がたっぷり詰まった、味わい・食感・香りを楽しめる商品がラインナップ。バターに果実を合わせ、新たなバタースイーツの可能性に着目した、初出店の新ブランドに注目です。

バターに果実を合わせたスイーツ新ブランド『果実とバター canarina』が誕生

Retina main
2024年4月17日(水)、JR新宿駅改札内にグランドオープンするグルメスポット『EATo LUMINE』に、バタースイーツの新たな可能性に着目した新ブランド『果実とバター canarina』がオープンします。

バターは、スイーツの風味を豊かにする“縁の下の力持ち”のように、焼き菓子においては、バターを加えることで生地がしっとりとし、口当たりが良くなるだけでなく、焼成時には周囲を包むような温かみのある香りを漂わせてくれる絶対的な存在。

そんなバターを主役にし、バターに華やかな果実を合わせ、新たなバタースイーツの可能性に着目した新ブランドが『果実とバター canarina』です。
Retina sub1
『果実とバター canarina』は、慣れ親しんだバターの芳醇なおいしさを再発見できるスイーツです。

ブランド名に含まれる「カナリナ(canarina)」は、自然の力強さを称えるような美しい声で鳴く「カナリア(canaria)」の英単語に、誰かの名前のような親しみやすさをこめて「n」を加えたオリジナルの名称なのだとか。

また、カナリアの色やバタースイーツの色をイメージできる黄色を基調としたブランドロゴは、華やかな果実を頭に乗せた女性が商品の魅力を表現しています。
Retina sub7
そして、バターとカナリアをイメージしたイエローをメインカラーにした『果実とバター canarina』の世界観は、ロゴにある女性カナリナが、草木がにぎやかに咲き乱れるガーデンで、庭に実っている果実をもぎとり、その果実とたっぷりのバターを合わせて、とっておきのお菓子を焼き上げた情景をイメージ。

自然からの恵みである、甘酸っぱい・ほろ苦い・香ばしい、個性豊かな果実と濃厚で芳醇なバター、それぞれのおいしさと素材感を味わってほしいという想いが込められています。

味わい・食感・香りを楽しめる、バター×果実のスイーツラインナップ

Retina sub3
「果実とバターのサブレ」6枚入(1,296円/税込)、10枚入(2,160円/税込)、14枚入(3,024円/税込)
「果実とバターのサブレ」は、小麦に果実とバターを合わせ、さっくりと焼き上げた、食感や香り・素材を味わうこだわりのサブレ。

ヘーゼルナッツシトロンバター・ピスタチオクランベリーバター・ショコララムレーズンバターの3種類がアソートされています。
Retina sub2
「果実とバターのフィナンシェ クランベリーバター」4個入(1,296円/税込)、6個入(1,944円/税込)
「果実とバターのフィナンシェ クランベリーバター」は、果実と芳醇なバターがふんわりと香り立つフィナンシェです。

焦がしバターを使用したしっとりとした口当たりのフィナンシェ生地に合わせているのは、甘酸っぱいクランベリーといちご。

カナリナならではのとっておきでしあわせな味わいが口に広がります。
Retina sub4
「果実とバターのマフィン」3個入(1,620円/税込)
「果実とバターのマフィン」は、果実とバターをテーマに、様々なフルーツバターの世界観をケーキマフィンで表現された一品。

丁寧に焦がしたバターと生クリーム・焦がしはちみつ・バニラを使用した、バターの風味豊かな奥行きのある味わいの生地に、中央に忍ばせた果実とバターのクリームで、果実感を感じるマフィンに仕上げられています。
Retina sub5
「果実とバターのケーキ」直径12cm(2,300円/税込)
「果実とバターのケーキ」は、真っ赤な甘酸っぱいベリーと、ナッツがふんだんに入ったチーズとバニラが香るミルキーなムースの上に、サクサクでスパイシーなバター感のあるクランブルをたっぷりトッピング。

果実とバターが口いっぱいに広がる、驚きのあるケーキをご賞味あれ。

※冷凍状態での販売となります。

店舗情報

Retina sub8
『果実とバター canarina』
オープン日:2024年4月17日(水)
営業時間:8:00~22:00※オープン日のみ11:00~22:00
アクセス:JR新宿駅改札内 B1階
※改札内の施設のため、入場には乗車券類(きっぷ・ICカードなど)または入場券が必要。

Ranking

【レポ】思い出のランドセルをリメイク。池田屋がワークショップを開催!

定価の80%引き?!家具のオフプライスストア『ビッグウッド』が「Z世代割」第2弾を実施

『涙の女王』で大注目!キム・ジウォンが日本で初ファンミーティングを開催

【レポ】ヨックモック史上初!“焼きたて”クッキーを提供する期間限定ショップが表参道にオープン

日本限定商品も!韓国発パーソナルケアブランド『UNOVE』が日本初上陸