【2023年版】帰省土産におすすめ!『東京ギフトパレット』で買える限定スイーツランキングを発表

更新日:2023/12/13 14:31
東京駅の八重洲北口改札を出てすぐのところにある、『東京ギフトパレット』が、これからの帰省シーズンを前に「東京駅限定スイーツランキング2023」を発表。さらに、約200品もの定番東京土産が揃う『ギフトキヨスク 東京ギフトパレット店』の人気お土産ランキングも発表します。ぜひ、今年の帰省の際の手土産の参考にしてみてくださいね。

『東京ギフトパレット』の「東京駅限定スイーツランキング2023」を発表

Retina main
東京駅八重洲北口改札を出てすぐ、手土産とお土産が揃う『東京ギフトパレット』が、これからの帰省シーズンを前に「東京駅限定スイーツランキング2023」を発表しました。

このランキングで、今回第1位に輝いたのは、ピスタチオスイーツ専門店『PISTA & TOKYO』の濃厚なピスタチオの味わいが楽しめる「ピスタージュ」。

さらに、様々なブランドの約200商品が集まり、定番東京土産が揃う『ギフトキヨスク 東京ギフトパレット店』で特に人気お土産ランキングも発表。

こちらの第1位には、「東京ばな奈「見ぃつけたっ」8個入」がランクインしたほか、3位には「東京ばな奈「見ぃつけたっ」ブリュレタルト 5個入」が入るなど、『東京ばな奈ワールド』が定番の東京土産として根強くランクインしました。

この他にも多数の人気商品がランクインしているので、要チェックです。

東京駅でしか買えない、東京駅限定スイーツランキングTOP10

Retina sub1
「ピスタージュ」4個入(1,728円/税込)
第1位に輝いたのは、『PISTA & TOKYO』の毎日完売するほど大人気のスイーツ「ピスタージュ」。

ピスタチオバタークリームにローストしたピスタチオを贅沢にあしらい、薫り・コク・食感、ピスタチオの特徴を存分に味わえるサンドクッキーです。

※オープン及び17:30~販売、各回数量限定、要冷蔵
Retina sub2
「フレッシュブリュレタルト ブリュレッタ」3個入(1,728円/税込)
第2位は、2023年7月にオープンしたブリュレスイーツ専門店『ブリュレメリゼ』の自慢スイーツ「フレッシュブリュレタルト ブリュレッタ」。

芳醇なマダガスカル産バニラクリームに包んだとろけるカスタードクリームに、ほろ苦いカラメルソースをとろっと閉じ込めたタルトにのせて、直火でひとつひとつ丁寧にブリュレした生ブリュレタルトです。

※オープン及び17:00~販売、各回数量限定、要冷蔵
Retina sub3
「あんバタロール」1本(1,944円/税込)
第3位は、新しいけど懐かしいような東京・八重洲の新名物、『岡田謹製 あんバタ屋』の「あんバタロール」 。

しっとりと仕立てたカステラ風の生地に、自慢の北海道産えりも小豆を使用した「餡子」と、塩味のきいたバタークリームを惜しげもなく一本に包みあげた逸品です。

※14:00~販売、数量限定
Retina sub4
「ミルクチョコレートホリック」
第4位は、チョコレート好きにおすすめな『VANILLABEANS THE ROASTERY TOKYO』の「ミルクチョコレートホリック」。

"ミルクチョコレート好きのためのクッキー"をコンセプトに完成したという、アメリカンタイプのチョコレートチップクッキーで、自社製造のミルクチョコレートのまろやかで優しい味わいを楽しむことができますよ。
Retina sub5
「登録商標 冨貴寄 東京パンダ3」1缶(70g)(1,080円/税込)
第5位は、『銀座 菊廼舎』の銘菓「冨貴寄(ふきよせ)」の『東京ギフトパレット』限定商品「登録商標 冨貴寄 東京パンダ3」。

可愛いパンダの落雁が3つ入っている缶は、お土産に人気の商品です。
Retina sub6
「フロムトーキョー」5袋入(648円/税込)
第6位には、『東京ピーセン』の「フロムトーキョー」がランクイン。

東京の銘店『山本山』や『にんべん』のこだわり素材を使用したコラボピーセンと、千葉県産の落花生が香ばしい「さくさくプレーン」が特別なパッケージでラッピングされた一品です。
Retina sub7
「銀座フルーツサンド(りんご)」4個入(1,250円/税込)、8個入(2,200円/税込)
そして第7位は、『パティスリー銀座千疋屋』の「銀座フルーツサンド(りんご)」。

フルーツクリームと香り豊かな果肉が香ばしいクッキーでサンドされており、コクのあるリッチな味わいを楽しめる一品です。
Retina sub17
そのほか、第8位には『東京ラスク』の「プレミアムアマンド缶」、第9位には『コートクール』の「生ブラウニー ピスタチオ&ヘーゼルナッツ」、第10位には『京都祇園あのん』の「あんぽーねプレミアム 生キャラメル」がランクイン。

ここでご紹介した商品はすべて『東京ギフトパレット』限定商品となっているので、東京駅へ行った際は覗いてみてくださいね。

東京駅に登場する期間限定ショップの限定スイーツも必見!

Retina sub8
「銀座ペコちゃんカステラ焼き」6個入(1,500円/税込)、12個入(3,000円/税込)
期間限定ショップが登場する『Weekly Palette』に、『不二家の洋菓子 ペコちゃん×トーキョー』が登場し、東京駅限定の「銀座ペコちゃんカステラ焼き」を発売されます。

「銀座ペコちゃんカステラ焼き」は、ペコちゃんの形をかたどったかわいらしい生地にクリームが入ったカステラ焼き。

カスタードクリームとチョコクリームの2種類のフレーバーで、手土産もぴったりなレトロかわいいデザインのBOXに詰められています。

出店・販売期間:2023年12月13日~12月25日
Retina sub9
「有機大豆の炒り豆・みたらし豆(東京駅丸の内駅舎・梅)」1箱(30g×2袋入)(1,080円/税込)
また、石川県・金沢の和菓子屋『まめや金澤萬久』からも東京駅舎が描かれた、豆スイーツが登場。

「有機大豆の炒り豆・みたらし豆(東京駅丸の内駅舎・梅)」は、大豆の炒り豆にあまじょっぱいお砂糖醤油の衣をまとわせた豆菓子で、豆箱には東京駅限定の丸の内駅舎と梅の花があしらわれています。

出店・販売期間:2023年12月26日~2024年1月9日

『ギフトキヨスク』の特に人気な東京土産ランキング

Retina sub10
「東京ばな奈「見ぃつけたっ」8個入」(1,198円/税込)
第1位は、『東京ばな奈ワールド』の「東京ばな奈「見ぃつけたっ」8個入」がランクイン。

たっぷりのバナナカスタードクリームをふんわりスポンジケーキで包んだ、言わずと知れた東京土産の定番商品です。
Retina sub11
「ソルト&カマンベールクッキー 10枚入」(1,296円/税込)
第2位は、『東京ミルクチーズ工場』の「ソルト&カマンベールクッキー 10枚入」。

北海道産牛乳とフランス産ゲランドの塩を使った生地に、カマンベールチーズのチョコプレートがサンドされたチーズ好きにはたまらないクッキーです。
Retina sub12
「東京ばな奈「見ぃつけたっ」ブリュレタルト 5個入」(842円/税込)
第3位は、『東京ばな奈ワールド』の「東京ばな奈「見ぃつけたっ」ブリュレタルト 5個入」。

バナナカスタード風味のクリームとほろ苦いカラメルソースをバナナ型チョコタルトにいれ、表面をパリッとブリュレした、定番とはまた一味違う美味しさのお菓子です。
Retina sub13
「バターフィナンシェ 4個入」(1,080円/税込)
第4位は、『バターバトラー』の「バターフィナンシェ 4個入」。

スイス産発酵バターとフランス産ゲランドの塩を使ったバターフィナンシェは、表はカリッと焼き上げられ、中はメープルシロップが染み込み、しっとりした味わいを楽しめます。
Retina sub14
「シュガーバターサンドの木 10個入」(756円/税込)
第5位は、『シュガーバターの木』の愛され続けるベストセラーサンド「シュガーバターサンドの木 10個入」。

くせになるサクサク食感に、ミルキーショコラがとろける一品です。
Retina sub15
「東京たまご ごまたまご 8個入」(950円/税込)
第8位は、こちらも東京土産の手番ともいえる『銀座たまや』の「東京たまご ごまたまご 8個入」。

黒ごまのペーストと黒ごまあんでカステラ生地で包み、ホワイトチョコレートでコーティングしたかわいいたまご型のお菓子です。
Retina sub18
そのほか、第9位には『東京カラメリぜ』の「東京カラメリゼ 24枚入」、第10位には『銀座五大』の「新東京ぽてとプレミアムミニ 10個」がランクインしました。

定番から大人気商品まで、どれにするか迷ってしまうほど美味しそうなお菓子が多数ラインナップしてましたね。

ぜひ今回のランキングを参考に、年末年始の手土産選びをしてみてはいかがでしょうか。

『東京ギフトパレット』店舗情報

Retina sub16
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅八重洲北口 
(東海道新幹線東京駅八重洲北口改札を出てすぐ)
営業時間:【平日】9:30~20:30【土日祝】9:00~20:30 ※一部、店舗により異なる。
店舗数:39店舗。

Ranking

【レポ】『GU』が夏休みの子どもに向けたコーディネート体験を開催。自由研究に活用できる特別授業も!

豪華特典付き!劇場版「風都探偵 仮面ライダースカルの肖像」ムビチケカード2枚セット予約受付を開始

マウンテンリゾートならではの体験を強化!『白馬アルプスホテル』がリフレッシュオープン

『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』出身シェフが手がけるパティスリーが赤坂にオープン

【レポ】植野有砂が手がけるランジェリーブランド『アウグ』誕生!“自分のために着る下着”