タイ料理の概念を覆す!ミシュラン一つ星『SAAWAAN』が日本上陸

更新日:2023/11/22 11:56
開業わずか7ヶ月でミシュラン一つ星に輝いたという、タイのイノベーティブレストラン『SAAWAAN』が日本初上陸。2023年11月24日(金)、カジュアルライン『SAAWAAN BISTRO』が東京『麻布台ヒルズ』にオープンします。タイの伝統料理にモダンなアクセントを加えた本格タイ料理を楽しめる、バンコクを代表するレストランの味わいを堪能してみてはいかが。

開業わずか7ヶ月でミシュラン一つ星に!『SAAWAAN BISTRO』が東京・麻布にオープン

Retina main
2023年11月24日(金)、本格タイ料理を楽しめるタイタパスバー『SAAWAAN BISTRO』が、東京の『麻布台ヒルズ』にオープンします。

開業わずか7ヶ月でミシュラン一つ星に輝いた、タイのイノベーティブレストラン『SAAWAAN』のカジュアルラインとして日本に初上陸。

『SAAWAAN』は、2020年にタイのベストシェフに輝いたシェフ「EARTH」と世界女性パティシエチャンピオンシップ大会にタイ人として初めて招聘されたシェフパティシエ「PAPER」が織りなす、タイの伝統料理にモダンなアクセントを加えたタイ料理を楽しめる、バンコクを代表するレストランです。
Retina sub9
歴史的背景により一度は失われた宮廷料理の思考をもとに再構築された料理は、見た目の美しさだけでなく、タイ料理に欠かせないという五味(甘味、酸味、辛味、塩味、旨味)を絶妙なバランスで創作。

そして、煮る・焼く・蒸すなど様々な調理法を駆使しながら、一つひとつの料理の“一番美味しい形”を追求しているのだそう。
Retina sub3
今回、『麻布台ヒルズ』にオープンする『SAAWAAN BISTRO』では、本場タイのクオリティはそのままに、よりカジュアルなスタイルで味わうことができるのだとか。

そして、メインダイニングに加え、エキゾチックなタイカクテルやタイタパスを楽しめる「タイタパスバー」も魅力のひとつで、全100席からなる店内には、ダイニングエリア、また、1杯から楽しめるダイナミックなバーカウンター、さらに2つの個室が用意されているので、シチュエーションに合わせて楽しめそうですね。

素材から手作りする、タイ料理の概念を覆す本格タイ料理を堪能できる

Retina sub10
黒を基調とした異国情緒溢れるダイニングでは、これまでバンコクの『SAAWAAN』でしか楽しめなかった人気メニューに加え、『SAAWAAN BISTRO』のためだけに開発したという個性豊かなメニューがラインナップ。

料理に使用する主なペーストやスパイスを全て素材から手作りされ、手間を惜しまず、毎朝手作りするフレッシュな調味料は、料理を美味しく仕上げるためのこだわりの一つなのだそう。

ハーブやスパイスをふんだんに使い、食材の風味や食感が何重にも絡み合う、複雑で贅沢な『SAAWAAN』の世界を、タイのトラディショナルな食べ方である“シェアスタイル”で楽しむことができます。

そして、アラカルトに加えて用意されている全9品のコースメニュー(9,800円/税込)には、『SAAWAAN BISTRO』でまずは食べてもらいたいというオススメがギュッと詰め込まれているそう。

ワインやカクテルを合わせた、ドリンクペアリング(6,800円/税込)とともにぜひご堪能あれ。
Retina sub7
「KHAO YUM (SAAWAANタイライスサラダ)」(1,705円/税込)
タイライスサラダの「KHAO YUM 」は、それぞれの食感や味わい、五味のバランスを存分に楽しめる一品。

自家製のターメリックを使ったターメリックライスに、レモングラスやローストココナッツ、干し海老、鰹節、みょうが、チリ、エシャロット、ブンタン、酒盗ソースなど、12種類の食材が合わせられています。
Retina sub15
「GAENG THAI PLAA (海老のスチーム、ライスヌードル、発酵魚介ソース) 」(2,420円/税込)
「GAENG THAI PLAA 」は、蒸した海老を豪快にのせた見た目にも華やかで贅沢な一品。

米粉麺と海老をレモングラス、甘長唐辛子、コブミカンの葉、ガランガル(タイ生姜)、エディブルフラワー、発酵魚介ソース、卵黄と混ぜて食べるライスヌードルです。
Retina sub13
「NEUA KEM TOM KATI (塩漬け牛肉のココナッツスープ)」(2,068円/税込)
タイ南部のソールフード「NEUA KEM TOM KATI」は、 塩漬け牛肉のココナッツスープ。

シェフの祖母から受け継ぐレシピをアレンジし、ガーリックオイルにマリネした自家製の塩漬けフィレ肉に、牛骨ブロスとココナッツで3日間かけて仕込んだスープを合わせ、最後にサクサク食感の菊芋、エシャロットがトッピングされた一品です。
Retina sub16
「GAENG KHIAO WAAN PED (鴨胸肉のグリーンカレーソース)」(3,795円/税込)
鴨胸肉のグリーンカレーソース「GAENG KHIAO WAAN PED」。

2日間かけて熟成し、中はしっとり、表面はカリっと仕上げた鴨胸肉に、素材の魅力が最大限に引き出された自家製のターメリックやハーブペーストを組み合わせたカレーソース、そして鴨ムースを入れたローストナスが添えられた一品です。

ダイニングに併設するエキゾチックな「タイタパスバー」も

Retina sub1
ダイニングに併設するダイナミックでシックなバーカウンターでは、タイカクテルをはじめ、クラシックなカクテルも楽しむことができるのだそう。

タイバジルやパンダンリーフ、グリーンペッパー、ロングペッパー、ナツメグ、カルダモンなどタイの香り豊かなハーブやスパイスをふんだんに使った、約10種類がラインナップします。
Retina sub17
「生牡蠣のタマリンドマリネ」(748円/税込)
また、「桜エビのタイフリット」や「生牡蠣のタマリンドマリネ」、「チリ豆腐のディップ」などのお酒に合うタイタパスも登場。
Retina sub5
待ち合わせや食事の前後、軽いディナーなどそれぞれのシチュエーションに合わせ、幅広いシーンで利用できるのも嬉しいですね。
Retina sub12
「ホーリーバジル&スパイス」(1,265円/税込)
「ホーリーバジル&スパイス」は、タイの食材を使ったジンベースのカクテル。

シナモンを思わせるほんのり甘い香りにピリッとスパイシーな辛味が特徴のロングペッパーをアクセントにした味わいです。
Retina sub8
「パッションフルーツ」(1,595円/税込)
「パッションフルーツ」は、フレッシュなパッションフルーツにバニラウォッカとアーティチョークをミックスした大人なカクテルで、ハーフカットのパッションフルーツがトッピングされています。

シェフについてご紹介

Retina sub18
エグゼクティブシェフのEARTH氏は、『Le Gordon blue』を卒業後、ミシュラン二つ星『Mezzaluna』でキャリアをスタート。

そして、2019年にプーケットのレストラン『Nitan』でエグゼクティブシェフとして活躍後、「Tatlet Thailand」にて2020年のタイのベストシェフに選出。

さらに2021年には、ミシュランガイドに掲載され、タイ版アイアンシェフチャレンジにて見事勝利し、満を持して2021年より『SAAWAAN』のシェフに就任しました。
Retina sub19
ペストリーシェフのPAPER氏は、パリの『サダハルアオキ』や『ユーグ・プージェ』、ブリュッセルの『ローラン・ゲルボー』などのペストリーの偉人に従事し、2011年タイに帰国。

そして、『Issaya Siemese club』のエグゼクティブパティシェに就任し、2015「Issaya la Pastry」を設立、世界中の著名パティシェとコラボレーションを重ねているのだとか。

さらに、2018年タイ国民として初めてレディース世界ペストリー選手権に招聘され、2019年デザート専用サロン『ICI』を開業するとタイのスイーツに革命を起こしたお店と賞賛され、たちまち予約困難に。

店舗情報

『SAAWAAN BISTRO(サーワーン ビストロ)』
開業日:2023年11月24日(金)
住所:東京都港区麻布台1-3-1 麻布台ヒルズ 森JPタワー タワープラザ3F
電話番号:03-6441-0737
営業時間:
ランチ 11:00〜14:00(L.O.14:00)
ディナー 17:30〜23:00(Food L.O. 22:00、Drink L.O. 22:30)
バー 11:00〜23:00(L.O. 22:30)
定休日:なし
席数:100席(ダイニング76席、個室2室/4・6席、バー14席+スタンディング)

Ranking

2月22日は頭痛の日!『大塚製薬』から頭痛啓発動画が公開

ミルクチョコレート専門店『ミュリル』のポップアップが伊勢丹新宿店で開催中

【レポ】日本人も大絶賛!仏の若き天才ショコラティエ『イヴァン・シュヴァリエ』

【レポ】数々の賞を受賞!世界有数のトップショコラティエ『ヴァンサン ゲルレ』

【レポ】1品で5役を叶える!『ラフラ』のクレンジングバームがリニューアル