実は東日本にはB型の人が多い?!血液型別に都道府県ランキングを公開

更新日:2022/09/28 16:45
ユーグレナ社は、『ユーグレナ・マイヘルス』と『ジーンクエスト』の遺伝子解析サービスを利用している20,000人以上のゲノムデータをもとに「血液型 都道府県ランキング」を公開しました。

「鳥取県」にはA型が1番多い!血液型別に都道府県ランキングを公開

Retina sub12
個人の健康リスク・体質・祖先について300項目以上の遺伝子型を解析し、どのような病気にかかりやすいか、どのような体質の遺伝的傾向があるかについて結果を提供する『ユーグレナ・マイヘルス』と『ジーンクエスト』の遺伝子解析サービス。

体質や病気の発症は遺伝要因だけでなく、食生活や生活環境など環境要因も大きく影響を受けるため、自分の遺伝子情報を理解したうえで生活習慣を見直すヒントに役立てることができます。
Retina sub4
今回、『ユーグレナ・マイヘルス』と『ジーンクエスト』の遺伝子解析サービスの利用者の中から20,000人以上のゲノムデータを用いて、2つの遺伝子型(「SNP:rs8176746」と「SNP:rs8176719」)を解析し、血液型を分類※1。

遺伝子解析では、一般的なABO血液型検査※2ではわからない6つの血液型(AA、AO、BO、BB、OO、AB)を調べることができ、今回の調査では、A型、B型、O型、AB型の4つの血液型に分類し、それぞれに該当する人の推定割合を都道府県別に算出し、数値化しました。
その結果、A型の人の割合が相対的に高い都道府県は、1位 鳥取県、2位 熊本県、3位 滋賀県、4位 長崎県、5位 岡山県という結果に。

上位には九州や中国、近畿エリアなど西日本の県が多いということがわかりました。
Retina sub6
また、B型の人の割合が相対的に高い都道府県は、1位 宮城県、2位 山形県、3位 和歌山県、4位 青森県、5位 岩手県と東北エリアの県が上位を占める結果に。
Retina sub8
O型の人の割合が相対的に高い都道府県は、1位 岩手県、2位 島根県、3位 福井県、4位 佐賀県、5位 秋田県という結果で、A型やB型のように特定エリアに偏りはなく、全国に広がっていることがわかります。
Retina sub10
 AB型の人の割合が相対的に高い都道府県は、1位 高知県、2位 石川県、3位 鹿児島県、4位 群馬県、5位 鳥取県とAB型もO型と同様に特定のエリアに偏りは見られないという結果になりました。

※1 根拠とする文献:Risch HA, Lu L, Wang J, et al. ABO blood group and risk of pancreatic cancer: a study in Shanghai and meta-analysis. Am J Epidemiol. 2013;177(12):1326-1337. doi:10.1093/aje/kws458
※2 赤血球(抗原)の検査と血清(抗体)の検査を行って、血液型をA型、B型、O型、AB型の4種類に分類します

調査概要

調査方法:ゲノムデータの解析を元に調査
調査対象:「ジーンクエストALL」、「ユーグレナ・マイヘルス 遺伝子解析サービス」の利用者
対象者数:ゲノムデータ:21,363人
調査時期:2020年5月
調査項目:「SNP:rs8176746」と「SNP:rs8176719」の遺伝子型を用いて、A型、B型、O型、AB型の人の推定割合を都道府県ごとに算出

Ranking

【レポ】イニエスタが手がける新フットボールブランド『キャピテン』誕生!限定スパイクも登場

小嶋陽菜プロデュースのランジェリーブランド『ロジア バイ ハーリップトゥ』が発売開始

TWICEモモをミューズに起用!日韓ハイブリッドのコスメブランド『ウォンジョンヨ』誕生

【レポ】18種のカヌレが並ぶ!新潟のカヌレ専門店『カヌレ ド キャンティ』が日本橋に誕生

『LUSH』×「ワンピース」のコラボアイテムが限定発売を開始