【レポ】お台場に誕生!観客が作品に参加する「イマーシブシアター」を体験

更新日:2021/06/09 11:48
6月5日、東京・お台場ヴィーナスフォート内にオープンした日本初の常設イマーシブシアター『Venus of TOKYO(ヴィーナスオブトーキョー)』。イマーシブシアターというのは今までになかった「体験型」の公演。一体どのようなものなのか気になったので、実際に体験してきました!

NYを中心に大人気の「イマーシブシアター」が日本初上陸

Retina            1
NYを中心に世界的人気となっている、体験型の劇場「イマーシブシアター」。

イマーシブシアターは、ただ単に劇場で観劇するのではなく、観客が自らの意思で歩き、演者と同じ作品空間に同居しながら物語の一部として作品に参加するといった新しい形の舞台です。

今回、日本初の常設イマーシブシアターとして、お台場ヴィーナスフォート内に『Venus of TOKYO』がオープン。早速行ってきました!

ダンスカンパニー「DAZZLE(ダズル)」が主宰

Retina dazzle
『Venus of TOKYO』は、日本でのイマーシブシアター上演の先駆け的な存在であるダンスカンパニー「DAZZLE(ダズル)」の長谷川達也氏が主宰。

ストリートダンスとコンテポラリーダンスを融合した世界で唯一のスタイルを追求する、「ダズル」の魅力的なダンスを楽しむことができます。

まるで物語の中に入り込んだような不思議な感覚を体験!

Retina 195513002 299609308495754 4376980925661605 n
『Venus of TOKYO』は、招待された者のみが入ることのできる秘密クラブ『VOID』で行われるオークションに、黄金の林檎がその手に握られていたいう伝説のある「ミロのヴィーナスの失われた左手」が出品されるという噂から始まるミステリー。

まず、観客には入場時にオークションの出品リストと、『VOID』内で使用できる通貨10,000VOID、そして指定のマスクが渡されます。
Retina 174174452 191652289394312 1867800109593241968 n
オークション開始のベルと同時に劇も始まり、仮面を着けたキャストたちが登場し、ダンスを披露。
出演者はすべて録音声になっており、演者も観客も声を発することがないので、コロナ禍でも安心して楽しむことができます。
Retina 194810342 771757710181679 9050555032627362097 n
そして各テーブルにやってくる案内人に連れられ、劇場内にある様々な部屋を周り、物語の内容を実際に歩いて追っていきます。

各部屋で登場人物のダンスを観劇しながら行動していると、まるで自分が物語に登場しているかのような不思議な気分に。
Retina 196088938 385744556120061 5675773354910485397 n
後半には、会場内を自由に歩き回ることができる時間となり、自分の気になる登場人物の後を付け、会話の内容を追うことで、オークションの裏側で起っている物語が分かるようになってくるという仕掛け。
Retina 196059805 217592169991999 1541249438975927022 n
付いていく人や場所によって様々なストーリーが繰り広げられているので、自分の行動によって結末が変わってくるというマルチエンディングとなっていました。

フォトスペースで記念撮影

Retina s  33792018
公演中や劇場内の写真撮影は禁止とされていますが、劇場入口付近にはこちらのフォトスポットが用意されています。

ミロのヴィーナスの失われた左手の上に乗っかっているかのような、フォトジェニックな写真を撮影してみてくださいね。

劇場後はコラボ中の“裏メニュー”を『ディキシーダイナー』で

Retina          225g                1980
「サーロインステーキ225g和風レフォールバター添え」(1,980円/税込)
同じお台場ヴィーナスフォート内にある『STEAK & CAFE by DexeeDiner(ステーキアンドカフェバイディキシーダイナー)』では、公演に登場するステーキとパンケーキをいただくことができちゃいます。
Retina                              1100
「ローストアップルとカスタードクリームパンケーキ」(1,100円/税込)
こちらは裏メニューになるので、店員さんに「Venus of TOKYO(DAZZLE)を見た」と言うと注文することが可能。

ぜひ、この機会に一緒にお食事も楽しんでみてください。

おわりに

繰り返し体験してもまた違ったストーリーを楽しむことができる『Venus of TOKYO』。個人的にも初めての体験でしたが、すでにもう一度体験したいという気持ちに!今後は、リアル空間で行われているイマーシブシアターの中から、登場人物がリアルタイムに配信をするオンライン配信の実施も予定しているとのこと。なかなかお台場まで行けないという方でも気軽に体験することができるので、ぜひ今までにない観劇の世界を楽しんでみてはいかがでしょう。

『Venus of TOKYO』概要

開催期間:2021年6月5日(土)〜2022年3月末頃予定
公演タイムテーブル:6月5日〜6月30日までは平日・土日祝日に関わらず毎日
12:30 開演 / 15:30 開演 / 18:30 開演
※開場は開演の30分前
※所要時間:約90分
※休演日:基本無休、ヴィーナスフォートの規定に準ずる
場所:お台場ヴィーナスフォート2F「Venus of TOKYO」(教会広場前)
(〒135-0064 東京都江東区青海1丁目3−15)
料金:一般チケット:平日 6,500円(税込)、土日祝 7,500円(税込)
プレミアムチケット:平日 9,500円(税込)、土日祝 10,500円(税込)
チケット情報:
発売開始:2021年5月21日(金)〜発売中
販売URL:DAZZLEユーザーズサイト(アカウント登録無料)https://www.elzzad.jp/
※ユーザーズサイト有料会員はチケット500円OFF
ローソンチケット Lコード:38232 https://l-tike.com/vot/
※プレミアムチケットはDAZZLEユーザーズサイトでのみ購入可能
CAST:DAZZLE他(公式サイトに記載)

Ranking

人気YouTuber「釣りよか」プロデュースのアウトドアブランド『アラカ』誕生

「お一人さまシフォン」が話題!行列必至の渋谷『マーサービス』を徹底調査

ハーゲンダッツのクリスピーサンドに期間限定「香り広がるミルクコーヒー」登場

【6/16】スターバックスに「リラックス」を届ける3種類のティードリンクが登場

【速レポ】浅草感満載の大型店『ユニクロ浅草』がオープン!数量限定アイテムも登場